ねーやんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚歌劇雪組「ブラック・ジャック-許されざる者への挽歌-」

<<   作成日時 : 2013/02/10 18:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 10

今日は、梅田のシアター・ドラマシティで上演された宝塚歌劇「ブラック・ジャック-許されざる者への挽歌-」を観て来ました。「ブラック・ジャック」は以前、安寿ミラさんがトップの時の花組で観たことがありますが、全く同じものではなくて、取り上げられているエピソードなどは別物になってます。

ブラック・ジャック役は未涼亜希さん。細身で比較的小柄に見えたけど、さっき見たら167cmって書いてあったので、そう小柄でもないですね。なかなかスマートな青年医師という感じでした。
作・演出の正塚晴彦さんによると、 「前回は一幕という限られた時間の中でも完結するような一つのエピソードとして作品をまとめましたが、今回は二幕分の時間が使えるので、エピソードの筋を追う事よりも、ブラック・ジャックと様々な登場人物との関わりをじっくりと描く事に重きを置き、彼の人となりや心のうちを打ち出せるような物語を構成しました。テーマ曲『かわらぬ思い』は今回も引き続き使用しますが、それ以外のナンバー等は全て変更していますし、出演者も一新されていますので、新たな”ブラック・ジャック”をご覧いただけるのではないでしょうか。」(公演プログラムより)と。

テーマ曲「かわらぬ思い」を残してくれて良かったです。宝塚の曲は、1970年代の作品は結構好きで今でも覚えてたりするんだけど、近年の曲はあまり記憶に残ってない中、この曲は気に入っていて、たまにカラオケで歌ったりもするので。今日も、聴いて「いいな〜」と思ってました。

正塚さんの話を見ると「なるほど、それでか」って思うんだけど、1つのストーリーがあるのではなくて、ブラック・ジャックが治療に関わった人たち(アメリカの大統領、バイロン侯爵と彼女、チンピラみたいなカイト)のそれぞれのストーリーがブラック・ジャックをからめて進んでいく感じ。プラス、ピノコの誕生の話もありました。ちょっと詰め込みすぎじゃ?って思いましたけど、それぞれハッピーエンドな感じで良かったです。
ただ・・・原作にもある、「手術中に指がしびれて動かなくなることがある」っていうエピソードも入ってて、友人のお医者さんに検査をしてもらったりという話があるんだけど、これ、結局「神経系は異常なし、精神科の先生に診てもらう?」っていうとこまでしか無くて、「そのエピソード要らなかったんじゃ?」って思いました。やるなら最後まで回収してよ〜って感じ。そこからが本題なのに。わざわざこれを入れたのは謎だったなぁ。

ブラック・ジャックに治療を依頼する人が、 「先生が最後の希望なんです!」って言う場面があるんだけど、「おぉ、ラストホープやん」と、相葉さんがよぎりました。 本当にこういう先生がいたら、あちこちで見放された患者さんからしたら、確かに「ラストホープ」ですね。
ブラック・ジャックの実写版は、初めて見たのは加山雄三さんバージョンで、その後のもちらっとは見たけど、どれも私的にはいまいち・・・。だけど、宝塚版はドラマとはやっぱり認識の仕方が違うからか、そんなに違和感無く見られました。


主なキャストは以下の通り。
ブラック・ジャック: 未涼亜希
医師連盟理事長: 麻樹ゆめみ
バイロン侯爵: 夢乃聖夏
五条ミナ(看護師): 早花まこ
カテリーナ(バイロン侯爵の恋人): 大湖せしる
エリ(カイトの友人): 沙月愛奈
運転手他: 大澄れい
ピノコ: 桃花ひな
山野(BJの同級生の医師): 真那春人
カイト(BJの家に押し入る青年): 彩風咲奈
トラヴィス(大統領警護官): 帆風成海

キャストの人については全然私はわからないんだけど、カテリーナは男役の人が演ってるのかな?っていう印象でした。声が普通の娘役の人とはかなり違う雰囲気だったので。で、さっき調べて見たら、昨年、男役から女役に転向されたようです。ず〜っと男役やってて、女役に転向ってこともあるんですね。男役さんが女役をやるっていうのは時々あるけども。両方経験できるというのは、それはそれで貴重かも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ふぁるさん、こんばんは!

わあぁ〜宝塚、見に行かれたのですね!
未涼さん、トップになられたのかな?
最近、全く雑誌も見ていないので、トップさんの
入れ替わりも定かでないです〜。

夢乃さん、男っぽいですよね?
星組で3,4番手の感じで、トップ候補なのかと思ってました。
結構、組替えあるんですね。

大湖せしるさん、きれいな人だな、と印象に残ってたので、覚えてます。
娘役に転向したとは、びっくりです!!

今度は、星組も、ぜひどうぞ〜!
ダンスも歌も素晴らしいです〜。



ゆっこ
2013/02/10 21:01
追伸

タロちゃん記事、こないだ右のツイッター欄に書いて下さっていたのに、読んで、「うわ、かわういな〜!」と心の中でつぶやいて、お返事書いた気になっていました。

たろちゃん、敏感ですね。
というか、鳥さんは敏感ですね。

またタロちゃん情報教えて下さいね!!
ゆっこ
2013/02/10 21:07
ゆっこさん、こんばんは。
私も誰がトップとかってもうわからなくって、今回も何組がやるのかさえ知らないまま行きました。最近は演目で観にいくから、行ってから組とか出演者とかを知るパターンが多いです。
雪組は壮一帆さんが新たにトップになったというニュースがあったので、未涼さんは2番手くらいなのかしら? その次が夢乃さんぐらいなのかな。フィナーレの羽の大きさとかでだいたいわかりますよね。今日はそういうフィナーレはなかったのだけど。

星組さんは、記録によると(!?)2011年の「ノバ・ボサ・ノバ」に行ったのが一番最近みたいです。といっても、その次がこの間の「ベルばら」だから、2012年に1回も行ってないわけですね。それからすると、今年はもう2回目だから多い年になりそうです。
ふぁる@ねーやん
2013/02/10 21:22
ゆっこさん、またまたこんばんは。
鳥さん、いろいろ見て考えてるのかなって思うと面白いですね。タロちゃんは、うちの母親や妹が遊びに来ると、「あんた誰?」って感じで、不審な目を向けてます。ダンナがいると、常に背後を見せずに警戒態勢だし(←別にいじめたりしてないんだけど・・・)、彼の中でどういう扱いになってるのか見てみたいです。コセイガイのリンちゃんは誰にでもフレンドリーで、常にきゃぴきゃぴしてて、あまりいろいろ考えないみたいです。
ふぁる@ねーやん
2013/02/10 21:32
壮一帆さんでしたね!
おきれいですよね!それでいて、男らしさもあって。
フィナーレ、なかったんですね。
私、羽しょった姿、優雅で好きです。
しやがれで、宝塚の方が来た時、大野さんに羽しょってほしい〜と思いました!

ノバボサノバ、行ってないけど、DVD持ってます〜。
集めて、母と何度も見ていたのですが、大野さんファンになってからは、ちっとも…。

DVDといえば、嵐さん達、よくDVDのこと、ビデオって言いますよね〜、それ聞くと、同じ時代な感じがして、なんか嬉しくなります。

たろちゃん、すごいですね、明確に個人認識してるんですね。
ダンナさんには背後を見せないタロちゃん、か、かわいい〜!!
とりさんのそういうの、私、初めて知りました!
もう少し大きい、ワンちゃんとか、そんな感じですね、頭良いですねぇ。

リンちゃんの方は、フレンドリーできゃぴきゃぴ、それもまたかわういぃ〜〜!
性格もそれぞれしっかり個性があるんですね〜。





ゆっこ
2013/02/10 22:05
ゆっこさん、こんばんは。
壮一帆さんは、2008年に真飛聖さん主演の「ベルばら-アラン編-」を観た時に、アンドレ役をされてて、見栄えのする方だなぁという印象で目を引きました。
大野さん、宝塚の衣装で羽を背負ったら似合いそうだなぁ〜。

ノバ・ボサ・ノバの感想は→http://neyan.at.webry.info/201104/article_45.html
にあるので、また機会があれば見てみてね。昔、安奈淳さんが歌ってるのが大好きでよく曲を聴いていました。観てはないんですけどね。

鳥さんの脳みそなんて本当に小っちゃいのに、いろんなことわかっててすごいなぁと思います。
ふぁる@ねーやん
2013/02/10 22:25
こんばんは。ふぁるさん。
観劇楽しそうで何よりです。
安寿さんの舞台は過去2度程観ましたが
素敵な女優さんですね。

宝塚は子供の頃に親に連れられて以降
一度も観劇した事はありませんが
1つのジャンルとして興味はあります。
ブラック・ジャック観てみたいな〜

今はもっぱら嵐さんだけですが
少し落ちついたら観にいってみたいです。
ふぁるさんみたいに上手くバランスとって
末長く舞台も嵐さんも大好きでいれたら
素敵だなって思いました。

また観劇されたらお話聞かせてくださいね
あのは
2013/02/12 02:20
あのはさん、おはようございます。
宝塚は中学生の頃にすごく熱中してて、部屋がポスターだらけだったりしたのですが、その時のトップスターさんが退団されたりして、しばらく遠ざかっていました。涼風真世さん&天海祐希さんの「ベルばら」で復活して、それからはたまに行ってます。

最近は嵐さんにエネルギー使うからか、他の舞台やコンサートが私もちょっと減り気味ですが、興味のあるものがあったら、ちょくちょく行きたいと思います♪
ふぁる@ねーやん
2013/02/12 07:00
こんにちは。
ブログ読んでいます。
ブラック・ジャックの安寿ミラさんに懐かしくて。
「変わらぬ想い」歌い継がれているんですね。
感動しました。
歌は歌い継がれないとと思っています。
ヤンさんの舞台は、卒業されても見に行っていました。
今は大野くん嵐さんですが。
また、いろんな舞台コンサートに行けたらいいな、
と思っています。

きよっぺ
2013/10/06 11:42
きよっぺさん、こんばんは。
ストーリーは違っても、「変わらぬ想い」が歌われていて嬉しかったです。昨日、「風と共に去りぬ」を観てきたのですが、昔と同じ歌を聴くと、やっぱり感動ですし。
嵐にハマってから、舞台を観に行く機会が減ったような気がしてるのですが、今年は宝塚が99周年ということもあってか多めです。私もいろいろ楽しめたらいいな〜と思います。
ふぁる@ねーやん
2013/10/06 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文












宝塚歌劇雪組「ブラック・ジャック-許されざる者への挽歌-」  ねーやんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる