ASIAN POPS MAGAZINE 第154号

アジポップ…10月末には届いてたのだけど、なんだかんだ読むのが今日になってしまいました。

★ASIAN POPS MAGAZINE
◎interview 「ARATA プロのダンサーが語る10 大野智の凄さ」
YouTubeにダンス解説動画をあげているARATAさんのインタビュー第10弾。大野さんのソロ曲"Bad boy"や大野さんが振付を手掛けた「TWO TO TANGO」を中心に、韓国のグループBTSのジョングクさんについても語っています。1ページ。
(↑BSTって書いてあって、「BTSやらBSTやらややこしいなぁって思ってたら、記事中にはBTSと。調べたらBTSが正しいみたいでした。)

「Bad boy」についてARATAさんは、「いやあ、凄かったですね!1番か2番目くらいに好きです。」と。踊りやすい曲調だけど、テンポが速いので技術的にはテクニックが必要とか。「途中でずっとステップを踏んでいるじゃないですか。あれは、メチャクチャ大変。しかも、歌いながらですからね。さすが、大野さんという感じです」と話してました。

カンナムスタイルとからめた話もしていました。私はあまり知らないのだけど、一時期流行ってたということだけ知ってます

「Bad boy」から続いての「TWO TO TANGO」について、「"Bad Boy"の激しいダンスの後に、続けて踊っているので、ワーオとなりました(笑)。しかも歌いだしが大野さんで、フィジカルどんだけ強いのかと。」と。コンサート後も疲れたーってならないって言ってましたもんね。今も踊ったりしてるかなぁ。映画の舞台挨拶でのお手紙には、30分でヘトヘトになるみたいなことを書いてたけど、たぶん大丈夫じゃないかな。(みんなが大野さんのこと思ってるから腹筋も割れてるはず…。)振付的には「ステージ全体で見せるものになっていて、見ごたえありました。」と。

ファンの方がARATAさんに見てほしいと、大野さんの足の画像をアジポップさんに送ってきたそうで、それを見た感想についても話していました。で、ARATAさんの今の興味は大野さんの太ももだとか。「多分、凄い太ももをしていると思います」とおっしゃってました。そんなこと言ったら、今度は太ももの画像が送られてきたりして。

「7つのインスピレーション」というキーワードから連想することを挙げるコーナー、大野さんについては「Bad Boy」、「TWO TO TANGO」、「大野さんの足」というのがありました。それぞれ、 「トップ3に入ります!好きですね・・・」「大人の世界」「太ももをぜひ!(笑)。僕の興味は今は太ももです・・・膝の上あたりのふくらみを見てみたいですね。ファンの方よろしく(笑)・・・」と。どんだけ太もも見たいんですか~。ほんとに送られてきそう。太ももよりふくらはぎがすごいイメージあるけど。「バズリNIGHT」で見られるかなと思ったけど、レッグウォーマーが結構上まで来てるからちょっとわかりにくいですねぇ。

次号では、アラフェス2012で大野さんが振付を手掛けた「時計じかけのアンブレラ」と「truth」について語ってくれるとか。楽しみ♪


◎Hommage à Satoshi Ohno (16)
最後のページの右側にある、大野さんのオマージュコーナー。大野さんの舞台「バクマツバンプー」について書かれてます。「『どんなに高度な動きを要求しても彼はさらりとこなす』ことを熟知したきだの新たな挑戦だた、この2作目では彼のさらなる強みを発見する。それは、感情を心の底から爆発させることができること・・・」と。舞台、もっとやってもらいたかったなぁ。私がファンになってからは1度もやってないから…。


ASIAN POPS MAGAZINE 154号
ASIAN POPS MAGAZINE 154号(Amazon)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント