第35回 日本ゴールドディスク大賞

第35回 日本ゴールドディスク大賞(THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2021)が発表されました。(当該年度は2020年1月1日~2020年12月31日)

嵐が2年連続7度目の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽部門)を受賞しました。おめでとうございます。
7度目というのは史上初で、自分の記録をまた1つ更新しました。
お休み中ということで、受賞コメントが無いのがちょっと寂しかったな。。。

選考基準は「CD、ビデオ等の正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と音楽配信の売上実績、ストリーミング再生実績」で、対象期間中の正味売上実績金額が最も多いアーティストに贈られるのが「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」だそうです。

嵐の対象期間の売上枚数実績はアルバム101万2456枚、シングル126万2395枚、音楽ビデオ107万7978枚で、下記の5冠を受賞しています。(いずれも「邦楽部門」)

「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」
対象期間中の作品・楽曲の正味売上実績金額が最も多いアーティスト

「ベスト5アルバム」 
『This is 嵐』
対象期間中に発売されたアルバムの正味売上枚数上位5作品

「ベスト5シングル」 
『カイト』
対象期間中に発売されたシングルの正味売上枚数上位5作品

「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー」 
『ARASHI Anniversary Tour 5x20』
対象期間中に発売されたビデオの正味売上枚数が最も多い作品

「ベスト3ミュージック・ビデオ」 
『ARASHI Anniversary Tour 5x20』
対象期間中に発売されたビデオの正味売上枚数上位3作品


「シングル・オブ・ザ・イヤー」はSixTONESさん&Snow Manさんのデビューシングルということで、10年続いたAKB48さんの牙城を崩したのはすごいことかも。「ベスト5」には嵐さんも入ってるので、なかなか今回はジャニーズがんばったな~と。

もし、今年「アラフェス2020」や「This is 嵐」の映像作品や、いつぞやのシューティング作品を発売してくれたら、次回もいい勝負ができるのではないでしょうか。貢献しますよ~。
ではでは改めて、嵐さん、「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」7度目の受賞、おめでとうございます

第35回日本ゴールドディスク大賞


<オリコンニュース>嵐が「日本GD大賞」史上初V7 5冠に輝く

<モデルプレス>嵐、2年連続7度目の受賞 「第35回日本ゴールドディスク大賞」発表<受賞作品・アーティスト>

<音楽ナタリー>嵐が「日本ゴールドディスク大賞」2年連続7回目の受賞、BTSや米津玄師も複数部門に

<NHK NEWS WEB>日本ゴールドディスク大賞「嵐」7回目の受賞 最多回数記録更新

<朝日新聞DIGITTAL>嵐が日本ゴールドディスク大賞 2年連続7度目

<BARKS>「第35回日本ゴールドディスク大賞」、発表

<デイリースポーツ>嵐 史上初V7 日本ゴールドディスク大賞「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」

<日刊スポーツ>嵐がゴールドディスク大賞の邦楽部門受賞 歴代最多

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント