月刊ザテレビジョン 2020年11月号

月刊TV誌はジョンのみ買ってきました。TVnaviにも「FREESTYLE 2020」の紹介あったけど、既出のものと変わらないし、ちょこっとだけだったので置いてきました。


★月刊ザテレビジョン
◎表紙
Snow Manさんが表紙。月刊「嵐」の大野さん&櫻井さん、「浅田家!」の二宮さんもいました。


◎CONTENTS(p11)
月刊「嵐」の2人の写真が載っていて、本編とは同じだと思うけど、少し大きめでした。二宮さんの写真もありました。


◎月刊「嵐」(p18)
今回は大野さんと櫻井さん。テーマは「好きなカレー集大成」で4ページ。こういうしりとりもアリなのね。
それぞれが好きな具材を使って好きなカレーを作るという企画。大野さんはひき肉を使った和風キーマカレー、櫻井さんはラム肉のカレーを作ることに。櫻井さんは先生に手順を確認しつつ進めていたようでしたが、大野さんは「手慣れた様子で黙々と作業を。タマネギ、パプリカをあっという間にみじん切りにし、次々と炒めていく。」「先生の指導なしに、野菜も肉も炒めてどんどん作業が進む大野」と。櫻井さんを撮影していたカメラマンさんも「後ろに職人がいる(笑)」と言ってたとか。櫻井さんも「すごいな、この人、ほんとに」と。

ガラムマサラもそれぞれ作っていて、大野さんは辛さがあったほうがいいということで、チリペッパーをおすすめ分量の3倍投入したとか。そうそう、大野さんオリジナルレシピに載ってたスパイスを、こんな感じでミックスしてある商品があるといいなぁと思うんですよね。

出来上がったキーマカレーの感想を櫻井さんに聞かれると、 「結局、俺が普段作るような味になっているから、翔くんが作ったものを食べたい」(大野)と。お互いのカレーを食べて、2人とも「すごくおいしい。」と。「いつもの味、こんな高みまでいってたの!? すごいな!!」(櫻井)とビックリしてました。
「しょうゆを入れて味を締めて、今日は入れてないけど、ウチだと最後に練乳を入れるの。これが隠し味。」(大野)と。TVでも練乳の話をしていたけど、冷蔵庫から練乳出てくるのがすごいなと。イチゴにかけたりしてたのかしら?

カレーの味が「俺のとは全然違うわ(笑)」(櫻井)と言ってたけど、「俺は、翔くんが作ったカレーの方が好きだよ」(大野)と。この間のキャンプの水ようかんといい、こんなん言われたら嬉しいよね。
辛くしたくてチリペッパーを3倍入れた大野さんだけど、 「そこまで辛くならなかった。」と。ブラックペッパーで辛みを入れた櫻井さんのは「ちゃんと辛い。」(櫻井)ということで、 「確かに、翔くんの方が辛さを感じる。おいしい!」(大野)と。

こぼれ話では、「今回は大野さん連載取材のラストデー。取材後に告げると、『え!!そうなの? 言ってくれたら…うん』と驚かせてしまいました。すみません。あえて昔からずっと変わらない、いつも通りのラフな空気管で一旦締めたいと思います。」と。そっか~、大野さん最後なのね。もう11月号だもんね。こうやって終わっていくのは仕方ないけど寂しいですね。

クロストークでは、まずカレーの話。大野さん&櫻井さんペアでカレーを作ったのは、2013年の「インドカレー」の回と今回だそうで、「もっとやってるかと思ったら、それぞれいろんなペアでカレーやってたんだね」(櫻井)と。「でも、最後のカレーは翔ちゃんと♪」(大野)と言ってたのが可愛かったです。
櫻井さんは、 「今日は何といっても、ずっとインスタグラムで見ていた大野さんのカレーを食べられたって喜びでいっぱいなんだよ!」と。最後は大野さんのことを「巨匠」と呼んでました。巨匠曰く、 「カレーとは…その人の色が出るものである」と。「今日も翔ちゃんの色出てた」(大野)そうです。インドだと各家庭の味があるって言うものね。櫻井さんは「俺は逆にね、大野さんの色、分からなかった。完成されたカレーの中で大野マサラを感じさせないところにプロの技を感じた。食材と交わることで、大野マサラはさらなる高みへ!!」と言ってましたが、 「…よく分からない(笑)」(大野)と。よくわからないけど、うまくミックスされて角が取れて融合してる感じかなぁと思いました。他の料理でも、私が作ると調味料がそれぞれ主張してたりするけど、ダンナが作るとそんな感じじゃなくて一つの味になってるってことが多々あるので、そんな感じかなぁと。

次に大野さんの個展の話。「まずね、六本木ヒルズ展望台で開催させていただくことがすごいと思う! どんな気分?(笑)」(櫻井)と聞かれると、 「最初聞いたときは、やばい!って思った(笑)。下見に行ったらすごく広くて、最初、こんな広いところじゃできないよって(笑)。ここでやるには作品の点数が少な過ぎるって。作品もちっちゃいのが多いから、どうしようって」(大野)と。そんな感じは全然しなくて、いろんな作品が会場を埋めていたなぁ。 「六本木ヒルズ展望台でウチのメンバーの一人が個展をやるなんて、ホントすごいとしか言いようがない。」と櫻井さん。その後も「いやすごい。すごいとしか言えない(笑)」と「すごい」を連発してました。
大野さんがメンバーの誕生日に贈った絵も借りて展示してるということで、 「俺は通常リビングにずっと飾ってあるんだけど、あの絵がなくなっちゃって、リビングの輝きが失われてますよ(笑)。だから、ギリギリまで抵抗したんだけど、…お貸ししました(笑)」(櫻井)と。抵抗は冗談だと思うけど、 「そう、なかなか持ってきてくれないから、何でだよ~…って(笑)」(大野)と。メンバーが見学した様子はどこかで見れたりしないのかな? 会報とかNetflixとか…。


◎月刊「嵐」メモリアル2人語り(p22)
全ペア企画の第8弾で、今回は大野&櫻井ペア。このペアは全17回だそうです。

で、2人が選んだベスト3は
第1位「インドネシア料理」
第2位「好きなカレー集大成」
第3位「ベッド探し」

でした。
大野さん&櫻井さんのコンビといえば「ナシゴレン」ということで、本当に気に入ったらしく、「ビックリしたよ。おいしくて。あれはヤバかった(笑)」(大野) 「俺たちよく、今までナシゴレンに出合わずに生きてこられたね」(櫻井) 「ナシゴレンを知らなかった時間がもったいないよ!」(大野)と言ってて、そんなにと。そのうち2人でバリの旅へ行きそうな勢いでした。私はまだ出合ってないけど、そんなに美味しいなら食べたくなってきました。

緑茶の回では、「初の国立競技場LIVEを目前にして、待ち時間の合間の月刊『嵐』。緑茶をたしなみながら、国立初日の天気予報を何度も描くにしましたね。」と。連載1つ1つにそれに紐づいた記憶があったりするのでしょうね。大野さんしっかり覚えてたし。

この大野×櫻井ペアはこれで最後、大野さんは連載オーラスですが、「翔くんと俺とはね、他のメンバーとは何か違う深さがあるね。なぜなら俺たちは舞台『WEST SIDE STORY』('04~'05年)のトニーとリフだから!!」(大野)と。公演中、月刊「嵐」の取材でトニーとリフでベッド探ししてから、劇場に向かったこともあったとか。「トニーとリフ、カレーとナシゴレンにハマって最終的にバリに向かう…カッコいい…(笑)」(大野)と。

「二宮さんは、来年から相葉さんの”ミニ四駆で世界を目指す”という企画を提案していました。リーダーきっと応援に来るよって。」と言うと、 「え、行くよ。行く行く!!」(大野)と言ってました。ほんとに実現したら面白いなぁ。大野さん、お休みだけど一般人みたいな感じで片隅にい映ってるとか…。

しかし、連載ページも含め、グラビアのビジュアルがめちゃいいなぁ。


◎月刊「嵐」コンプリートBOOK(p24)
月刊「嵐」をジャンル別に総振り返りする5号連続企画の3回目。今回は「リラックス編・クッキング編」の第2回。「リラックス編」が1ページと1/3ページ、「クッキング編」が2ページと2/3ページということで、全4ページありました。

最後のページの「月刊『嵐』なんでもコラム」には取材裏話が載ってました。「リップエステ」の回では、「撮影中ウトウトと眠ってしまった大野。相葉は『そっとしといてあげて』。」と。相葉さん優しいですね。忙しいときだったのかな。


◎二宮和也「Precious Memory」(p28)
二宮さんのグラビア&インタビューが3ページ。映画「浅田家!」関連です。二宮家や友達の話もしてました。


◎嵐 Switch(p31)
嵐情報が1ページ。
「FREESTYLE 2020 大野智 作品展」が2/5ページほど。ジャニーさん、カイト&グリーンヘッド、和室、グッズの写真が載ってました。あとの3/5ページに、9/26の「嵐にしやがれ」、9/24の「VS嵐」、9/26の「天才!志村どうぶつ園」、9/30の「TOKIOカケル」、10/2の「全力!脱力タイムズSP」が載ってました。
ページの下部に「月刊嵐」20周年ということで、メッセージ募集のお知らせもありました。


◎秋の新番組ぜんぶ見せます!(p124)
10/3(土)スタートの相葉さんMC「I Love みんなのどうぶつ園」の紹介が載ってました。



月刊ザテレビジョン 関西版 (7net)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント