週刊TVガイド 2020年7月10日号

週刊TV誌はガイドを買ってきました。近所のスーパーにザテレビジョンは置いてなかったのでノーチェックだけど、公開されてる目次を見る限りはまぁいいかなと。このスーパー、ガイドもジョンも2冊ずつぐらいしかたぶん入荷しないから、タイミング悪いと無いんだよねぇ。
ガイドの表紙、いつも「VS嵐」連載の嵐メンバーが載ってるのに、今回は載ってなかったのが何だか寂しい。
ガイドの背表紙のアルファベットは緑バックに「A」でした。


★週刊TVガイド
◎CONTENTS(p19)
連載の松本さんと相葉さんの写真がありますが、本編の写真から切り取られた感じ。


◎週刊VS嵐ガイド YES嵐部(p21)
「VS嵐」連載が3ページ。担当は松本さんと相葉さんです。
「Face Down:Reborn」の制作秘話ということで話してくれたのが、 「これまでも何曲か"Reborn"として配信しているけど、いろいろなプロデューサーとコラボレーションするにあたって、嵐の曲をまた違った形で楽しんでもらえるアプローチを含めていろいろ話す中で、今回作っていただいたブラッドポップというプロデューサーから話が出て。彼が得意としているジャンルの世界観とうまくマッチする曲は何だろうって探しているときに、『これは面白くなりそうだからぜひやってみたいな』と言ってくれたのが『Face Down』だったの。」(松本)と。「オリジナルはオリジナルでめちゃくちゃ好きだけど、また新しい感じで。楽しんでいただけたらうれしいね。」(相葉) 「ちょうど大野さんが主演の『鍵のかかった部屋』が再放送されていたことも含めて、(主題歌を)このタイミングで出せてよかったなって思うよね。」(松本)と言ってました。

Voyage#10でも「Face Down:Reborn」のことが出てたから、そんな前から決まってたんだなぁと。鍵部屋の再放送とはちょうど上手くタイミングが合ったって感じなんですね。嵐の曲を全曲聴いてもらうわけにもいかないだろうから、聴いてもらった中に「Face Down」があったということかな。「ぜひやってみたいな」って言ってもらえる曲があったのは良かったです。私もオリジナルはオリジナル、RebornはRebornという感じでバリエーションという捉え方かな。で、原曲の方が好みの曲もあるし、Rebornの方が好みの曲もあるので、気楽に楽しませてもらってます。

「嵐ハートシューター」のテーマは「七夕」。「相手が短冊に書きそうな ”今、欲しいもの”は?」について答えていました。松本さんが予想したのは「短パン」、相葉さんが予想したのは「ナシ」(何でも持ってるから)でした。相葉さんは「言われたら(短パン)欲しい」と。松本さんはお気に入りのリュックの布のところが破れてきて、修理に出すにも代わりのカバンが無いということで、カバンが欲しいそうです。

番組紹介は7/2の「お笑い第6世代チーム」の回でした。


◎美 少年 行こうよ、Summer Camp(p36)
美 少年さんのページ。メンバーそれぞれ「ジャニーズで妄想キャンプするなら?」という質問に答えているのですが、p40で藤井直樹さんが、岩﨑大昇さん(料理要員)、森本慎太郎さん(クマ対策)、高橋海人さん(遊び要員)と共に大野さんの名前も挙げてました。 「大野(智)くんに、魚を釣ってもらう!」と。


◎日別おすすめ番組(p59)
7/4の「嵐にしやがれ」、7/5の「ニノさん」が載ってました。


◎次号予告(p98)
「VS嵐」連載(相葉×松本)

週刊TVガイド 関西版 2020年 7月 10日号【Hey! Say! JUMP】 / 週刊TVガイド関西版 【雑誌】 - HMV&BOOKS online 1号店
週刊TVガイド 関西版 2020年 7月 10日号【Hey! Say! JUMP】 / 週刊TVガイド関西版 【雑誌】 - HMV&BOOKS online 1号店


週刊TVガイド 関西版 (7net)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント