週刊女性 2020年4月14日号

昨日、これも買ってきました。

★週刊女性
◎インスタライブで思いよ届け……!(p12)
嵐、「Endless SHOCK」、山下智久さんのインスタライブが紹介されていました。白黒グラビアページで嵐は1ページあります。
3/19の「嵐カルタ」やってたのが紹介されています。スクショタイムの写真、カルタやってる写真、大野さんの「大好き!!」、櫻井さんのガッツポーズ、二宮さんが相葉さんとマジックしてるとこなどの写真が載ってました。
嵐の時にも話題になってたけど、山下智久さんのインスタライブでも新田真剣佑さんがコメントしてたとか。


◎五輪延期で芸能界を揺るがす5つの波紋(p34)
五輪延期による芸能界への影響ということで白黒2ページ。
以下の5点について書かれてます。
・放送予定だった”番組枠”は?
・嵐の活動休止も”延期”される?
・SMAP再結成の可能性が急浮上!?
・今年の紅白は五輪ムードもう1回?
・聖火リレー芸能人顔ぶれに変更は?

NHKは1000時間も予定されてたそうだから、埋めるの大変そう。でも過去の良質な番組いっぱい持ってるんだから、再放送してくれるだけでも全然良いんだけどな。大河ドラマを全部再放送してくれてもいいな~と思うけど、古いのは残ってないって前に聞いた気が…。「若冲ミラクルワールド」とか嵐が出た番組とか再放送してくれたら嬉しい。

嵐の活動休止への影響については、大野さん以外の4人は来年も活動を続けるけど、4人でのナビゲーター継続は「可能性は限りなく低い」と。ここに書かれてあった”角が立つ”ってことではないと思うけど、4人でというのは確かにあり得なさそう。メンバー誰かが引き続き担当するという可能性はあるということだけど、来年についてはテレビ局関係者によると「決めなくてはいけない課題のままです」ということでした。「来年の東京五輪で『カイト』は誰が歌うのか」とあったけど、「NHK2020ソング」なだけなので、五輪会場で歌うというものでもないだろうし、NHKの番組で流す分には問題ないと思うけど。すでに国立競技場で歌った映像もあることだし。


◎嵐メンバーが見た光と闇(p36)
活動休止ラストイヤーということでの月イチ連載3回目とか。白黒2ページ。
今回は「'02年から数年間の”不遇時代”」ということなので、デビュー当時から順番に来てるのかしら? (過去の連載買ってないからわからないけど)
CDが売れなかったり、後輩の勢いに押されてたりという時期。
「みんなほのぼのしていて、自分から前に出るタイプではありませんでした。そんな和やかな雰囲気がファンからも愛されていたのですが、芸能界で生き残るうえでは、それが裏目に出てしまうこともあったんです」(芸能プロ関係者)と。でもしっかり生き残ってここまで来たのは「目の前のことを一生懸命」やってきたからですよね。時代の違いもあるのかな。今はその”ほのぼの”が強みですしね。

番組の事前アンケートについて、 「まだ売れてないアイドルはびっしりエピソードを書くもの。大野さんは長文で記入していたそうですが、ほかの4人は当たり障りのない回答ばかりだったといいます。深みのないエピソードばかりでは目立ちませんよね」(芸能プロ関係者)ということで、スタッフからの評価も低くなってしまったりしたとありました。
2004年の「24時間テレビ」の話もあって、東山さんがサポートについたこととか、相葉さんのサプライズ手紙企画とかについて書かれてました。

あと、”不遇時代”の5人の主な仕事ということで、2002年1月~2005年11月の年表形式で載ってました。
そういえば、"不遇時代"って言われるこの時期ですが、本人的にはそう思ってないって言ってましたね。数字的にそう言われてしまうのでしょうけど。


週刊女性 2020年 4/14 号 [雑誌]
週刊女性 2020年 4/14 号 [雑誌]

週刊女性 2020年 4/14号 [雑誌] - 楽天ブックス
週刊女性 2020年 4/14号 [雑誌] - 楽天ブックス


週刊女性 (7net)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント