月刊ザテレビジョン 2020年2月号

次は月刊ザテレビジョンです。

★月刊ザテレビジョン
◎表紙
赤いジャケットを着てガッツポーズの嵐さん。月刊「嵐」の写真も載ってます。

◎月刊「嵐」特別編(p3)
月刊「嵐」も2019年11月号で20年目に突入ということで、グランピングしながらのお祝いが8ページ。
表紙とは違って、ベージュ系のカジュアルな衣装です。
月刊「嵐」振り返りメニューということで、スモーブロー、ラムチョップグリル、焼きシイタケ、ナチョスを作ってる写真と、それぞれ「ファンのみんなへ」「この20年で自分が変わったところ」「2019年印象に残っている仕事」「2020これを計画チュウ!」に答えるコーナーがあって2ページ。

大野さんから「ファンのみんなへ」のメッセージで、 「俺のファンは俺以上に大野智を知っている(笑)。みんなのコメントを読んで、『俺ってこうなんだ!』って気付かされることばかりで、すごいよ! 俺が忘れてることもファンの人が大切に忘れないでいてくれている。あなたたちの記憶が大野智そのものです。ありがとう。2020年、大野智の”今”をより届けていきたい」と言っていて、ファンの声も届いてるといいなと思いました。大野智はすごいんだよってわかってくれてるかなぁ。

大野さんが「この20年で変わったところ」は、 「責任感・・・かな。ジャニーズJr.時代からの経験の積み重ねで、責任感の持ち方も変わった。舞台で喉をつぶしたときはツラかった。そこから体調管理も責任だって学んだ。あと釣りに出会えたこと。これは大きいよね(笑)。絵を描くのも好きだけど、生む苦しみもあるし、仕事にもなった。けど、釣りは楽しみだけの趣味だからね」と言っていて、最近仕事での「釣り」も多くなってるから、どうなのかなぁという気はしますが、プラベの釣りは「楽しみだけ」になってるのかな。釣りは心配だから、個人的には行ってほしくないけど、大野さんには必要な時間だろうから仕方ないなぁ。安全第一でお願いしたいです。

2019年は大野丸のロケが多かったそうで、 「よく前乗りで現地に泊まってたの。夜、用意していただいたお弁当を食べるのが楽しみだったね。捕れたてのカツオとかおいしかったな。地のおいしいものを、夜、ホテルで一人で食べる時間が好き合った」と。いわゆるロケ弁じゃなくて、その土地の美味しい物が用意されていたんですね。

2020年の大野さんはSNSを使いこなすようになるのかな。「SNSの可能性を知って、より知識を付けたくなった。釣りや料理、気になる話題の人物も追求したい。いろんな可能性のある時代だからね」と。どちらかというと、発信より見る方にがんばる感じ?

続いてトークが2ページ。月刊「嵐」の思い出トークをしていました。絵心対決の話もしてたけど、どっちが描いたか「・・・ハズレちゃったね(笑)」(大野)と言ってたけど、最初は違う方だったけど最終的に当たってたよね?

スタッフが「アノ人のアノ企画」ということで、メンバーの印象的な企画を選んでました。

松本さん→一日編集部員(2001年12月号)
「書けない、書けないと真剣に悩む松本さんの姿がかわいらしく、そして物作りに真摯に向き合う姿勢はこのころからあったなと」(スタッフ)

大野さん→井之頭公園でボート(2002年7月号)
「次の仕事まで時間が余り、大野さんが『近くに小さな動物園があるから行こうよ』と。幼いころに家族と来たその動物園に相葉さん、スタッフを案内してくれて、無口でおとなしい人だと思っていた大野さんが楽しそうにおしゃべりしてた姿が印象的でした」(スタッフ)

櫻井さん→防災館で避難訓練(2005年11月号)
「パニックになって避難失敗(笑)。完璧な男だと思っていた櫻井さんの、愛らしい一面を見た記憶です(笑)」(スタッフ)

相葉さん→ボクシング(2005年7月号)
「指導の先生も相葉さんの才能に気付き初めて褒めちぎってました」(スタッフ)

二宮さん→マジック(2008年10月号)
「少年のようなキラキラな目、口角上がりっぱなしでした」(スタッフ)

スタッフさん、古い撮影の話もよく覚えてるなぁ。20年間側で見てきてるわけだから、感慨深いだろうな。

最後の3ページは、「嵐ペアSHOT×10」とうことで、表紙の衣装で全ペア写真が載っていて、お互いへのメッセージもありました。
相葉さんから大野さんへは「プライベートで連れてってほしいなぁ、釣りに。僕もリーダーも魚さばけるし、釣った魚をその場でさばいて食べたいじゃん。リーダーの操縦する船にも乗ったことないから乗ってみたい。」と言ってました。「そのときの写真をSNSで配信したりとかできればいいよね」ということなので、是非! 「嵐にしやがれ元日SP」で大野丸に乗れたから、ちょっと希望がかなったかな? 魚食べたのかしら?

二宮さんから大野さんへは「普段あんな感じなのに、才能があるところが本当に好き。本当に尊敬するよ、大野さんは。」と。

松本さんから大野さんへは「仕事も含め一緒に海外に行く機会も多かったし、一番プライベートで飲んでるかな。リーダーが行きたいお店を俺が調べて予約して、2人でご飯を食べにも言ったし、また行きたいお店があったら言ってね。次も俺がコンシェルジュします(笑)」と。松本さんは大野さんのためにいろいろやってくれるところが可愛いなと最近思います。前にアメリカでも大野さんの喜びそうなところ案内してくれてたしね。大人になったせいもあるかな。

櫻井さんから大野さんへは「『news zero』を結構見てくれてて、『見たよー』って言ってくれるのが素直にうれしい。2019年は2人でご飯に行って、その後ウチに来てゆっくり飲んだ。外の食事からだと相当長い時間一緒にいた気がする」と。どんなお話したのかな。覚えてないかもしれないけども・・・。

◎月刊「嵐」プレーバック!(p11)
2019年の月刊「嵐」をプレーバックということで1ページ。
大野さん5回、二宮さん5回、櫻井さん5回、相葉さん4回、松本さん3回の登場でした。

◎嵐 Switch 特別編(p12)
嵐情報が3ページ。
年末年始のTV番組スケジュール表が1ページ、1/3の「VS嵐 2020賀正新春豪華3時間SP」、12/15の「ニノさん」、12/25の「グッと!スポーツ」で1ページ、12/14の「嵐にしやがれ」、1/1の「元日はTOKIO×嵐」(ちょこっと)、12/15・22の「相葉マナブ」、1/9・16の「櫻井・有吉THE夜会」で1ページありました。

◎COVER EPISODE(p17)
嵐の撮影裏話と写真がちょこっと。「赤ジャケットの5人の華やかさに、歓声が上がった撮影」とありました。2ショットはポーズが書かれたボールを抽選箱から引いて撮ったのだとか。あぁ、写真の上に書かれてた文字がそれだったのね。

◎第70回NHK紅白歌合戦(p18)
紅白の司会者トークが2ぺージ、出場歌手名鑑が2ページありました。嵐の曲目予想は「嵐×紅白スペシャルメドレー」と。

◎日めくりとくばんセレクション(p36)
12/18~1/19の番組情報。
嵐関連だと、12/25の「グッと!スポーツ」、12/27の「ミュージックステーションウルトラSUPER LIFE 2019」、12/31の「NHK紅白歌が戦」、1/1の「嵐にしやがれ元日スペシャル」(「ウルトラマンDASH」と合わせて1/4ページ、コメントも)、1/3の「VS嵐 2020賀正新春豪華3時間SP」(1/4ページ)、「嵐ツボ」が載ってました。

◎次号予告(p202)
1/24発売の3月号の予告が1ページ弱。月刊「嵐」は(櫻井×松本)で、5人グラビアプレーバックもあるそうです。

月刊ザテレビジョン 首都圏版 2020年2月号
月刊ザテレビジョン 首都圏版 2020年2月号 ※首都圏版です

月刊ザ・テレビジョン 関西版 2020年 2月号 / ザテレビジョン編集部 【雑誌】 - HMV&BOOKS online 1号店
月刊ザ・テレビジョン 関西版 2020年 2月号 / ザテレビジョン編集部 【雑誌】 - HMV&BOOKS online 1号店


月刊ザテレビジョン 関西版 (7net)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント