TVガイドAlpha vol.23 EPISODE W

随分前に予約してたAlphaですが、やっと昨日届きました。お届け予定が水~金になってたから、とりあえずその中では早い方ということかな。で、えらい大きな封筒で来たなと思ったら、雑誌がかなり大判なんですね。TV誌増刊系はバラさずにそのまま棚に入れてあるのだけど、そこに入らないよ~

★TVガイドAlpha EPISODE W
◎表紙
チャリTの嵐さん。色は一連のTV誌と同じ。

◎嵐×WISH(p4)
嵐のグラビア&インタビューが12ページ。大判だけあってグラビアもデカいです。5人ショットでそれぞれが主役になってるグラビアが見開きで5パターン載ってました。衣装はお馴染みのチャリT&上着(最初の見開きは上着なし)ですが。
インタビューでは「24時間テレビ」のメインパーソナリティーに臨むにあたっての、思いや願いを語っていました。櫻井さんは、2004年当時、 「大野が描いたTシャツを着て、嵐がほんのちょっとだけ大きくなれたかな、なんて感じた」そうで、5周年というタイミングでもあったし、 喜びが大きかったそうです。二宮さんが、同じ嵐を使うにしても、15年前とはスタッフさんの向き合い方が違うというような話をしていて、確かに・・・と思いました。さっき、スポーツ報知さんから記事が流れて来たけど、 「誰よりも24時間をよく分かっている人たち。お声がけしていくなかで『やるなら意味のあるものにしたい。参加した人たちが主役になるサポートをしたいし、先につながることをやりたい』という強い思いを伝えてくれました。制作スタッフ側の役割も担ってくれています」とあったので、2004年とは立ち位置や番組へのかかわり方が全く違うものになってますよね。夕べ、2004年当時のポンコツな嵐さんの映像を見ただけに成長したんだなぁと思いました。以前、後輩に場を譲っていかないとっていうような話をしていたけど、休止するということ自体が結果的にそういうことになるし、それも理由の1つにあったりするのかなぁなんて思ったりもします。

テーマの「人と人~」について大野さんは、 「やっぱり人はひとりでは生きられないからね。つながりたいなっていうのはあるよね。無理してつながるのは難しいけど、自然に信じ合って、つながっていたいなっていうことかな。『24時間テレビ』も根本にはそれがあると思う。」と。”自然に”っていうのが大事ですよね。例えば”ママ友”っていうのも”無理に”つながらなくちゃってなってる人が多いなぁって思うので。そうなるとしんどいんじゃないかと。でも今はリアルにつながるのが苦手でもネットでつながれたりするし、いろんなつながり方があるのは良いのかなと思います。いい部分ばかりではないとは思いますが。
(とりあえず、全国の人が同じ思いでつながれるようにTV放送揃えて?)

◎相葉雅紀×WARMTH(p16)
24時間テレビ42ドラマスペシャル「絆のペダル」主演の相葉さんの密着レポが2ページ。

TVガイドAlpha EPISODE W (TVガイドMOOK 19号)
TVガイドAlpha EPISODE W (TVガイドMOOK 19号)

TVガイドAlpha EPISODE W (7net)

この記事へのコメント