月刊ザテレビジョン 2019年9月号

次は月ジョンです。

★月刊ザテレビジョン
◎表紙
こちらもチャリTの嵐さんが表紙です。色はガイドと同じ。っていうか、今確認したら全部同じなのね。雑誌ごとに変えたりしてるのかと思ってました。(時間無いからいちいち着替えてられないか・・・) 右下に月刊「嵐」の大野さん&櫻井さんもいました。

◎嵐 5人のキズナ(p2)
「24時間テレビ」の嵐のグラビア&会見のコメントで8ページ。
ソロで1ページずつあって、次のページのメンバーへのメッセージ(「24時間テレビ」に際しての)がありました。大野さんは櫻井さんへ、 「翔くんがそばにいてくれると、どう安心できるかなんて言えないよ。だって全部だもん。(中略)疲れた・・・って言わない翔くんだけど、人間だから(笑)。疲れるとは思うから、一緒にスイーツ食べよ!」と。櫻井さんはデビュー当時から頼もしかったそうです。
5人目の松本さんからは1人目の大野さんへのメッセージ。 「きっとリーダーはいつも通りの感じでいてくれると思うし、俺としてもそれを期待してる。俺も変わらないしね。俺らなりのスタンスでやっていきましょう。(後略)」と。これまでも一緒にやってきているので、「24時間乗り切るために~」という特別なものはないそうです。

最後の1ページは会見のコメントが載ってました。大野さんはチャリTに込めた思いについても語っていました。 「今回、テーマが”人と人”ということで、やっぱり、手が重なり合ったものを全体像で描きたかったのと・・・生きていく中では楽しいことばっかりじゃないなぁと思い、苦しい表情だったり泣いている表情だったり、いろいろ描いてみようと思って、たくさんの表情を描きました。あとは草だったり花だったり、他に描いたいろんなものも”生きている”ってことでは一緒だなという意味で描きましたね。最後に描いたハスの花は、みんなで幸せになれたらいいなという思いで描きました」と。そういう思いがちゃんと絵として表現できるっていうのがさすがだなぁって思います。櫻井さんが「細密画っていうのかな。細かいところまで凝って、こだわりが詰まっていて。どこがいいとは言えないぐらい全てがすごい、ホントに」と言ってくれていて嬉しかったです。

◎ARASHI Go! for Next Year(p10)
「2020スタジアム」の嵐のグラビア&トークが4ページ。トークはまぁ他誌と同じソースのやつです。Next Yearって言われると、休止前のラストイヤーだなぁ・・・って寂しくなるけど。
東京オリンピックに掛けた”しりとり作文”もやってました。オリンピックの「ク」から始まって、
「来るぞ来るぞ、ニイゼロニイゼロ」(櫻井)「ロマンがあるぜ」(二宮)「絶対見るよ」(相葉)「世の中変わるぞ」(松本)「ぞくぞくだね」(大野)と。 松本さんは最初「~変わるよ」だったのですが、大野さんが悩んでたので「”ぞ”にする?」(松本) 「”ぞ”にする」(大野)ということでこうなったのでした。
「締まらないか」と言う大野さんに、「大丈夫。文字になれば、きっと締まってる(笑)」(櫻井) 「いいんだよ、いいんだよ」(二宮) 「リーダーが言うんなら、それが正解(笑)」(相葉) 「これでいきましょう(笑)」(松本)と口々に言ってるのが可愛かったです。

◎月刊「嵐」(p14)
連載担当は大野さんと櫻井さんで、テーマは「ヒツジ」。全4ページです。
「今回の月刊『嵐』は”世界の料理”シリーズの大野×櫻井ペア」と紹介されてました。大野さんはタマネギとセロリのみじん切りを担当したそうですが、手際の良さに櫻井さんが「料理、慣れてるね」と。大野さん、みじん切りはずっとやってられるって言ってましたもんね。で、ここでもスパイスを調合してる櫻井さんの横で、 大野さんは「ずっと切ってられる~」と野菜を切り続けていたとか。ブーケガルニのひもをほどいて鍋に入れようとした櫻井さん、そのままでと指摘されて「束だから”ブーケ”なのか~」と納得してましたが、同時に私も「そうなのか~」と。”ブーケガルニ”っていう名前は知ってたけど、何者かは全然知りませんでした~。スパイスってコショウくらいしか使わないからなぁ。
「ラム肉を切り分けた後、自然にシンクに向かいまな板を洗い出す大野。料理企画の際は大野が洗い物までやることがお約束に!?」とあって、 「何か、洗いたくなるんだよ(笑)」(大野)と言ってました。
料理が出来上がって食べる時、その日はこれで仕事終わりということで、櫻井さんがCMするお酒で乾杯したとか。

トークでは過去に月刊「嵐」で料理したものを振り返ったりもしてました。櫻井さんはラムが好きで、専門店へ食べ比べにも行ったとか。 「きょう、翔ちゃんが焼いてくれたラムの串焼き、とてもおいしかったなぁ」(大野)と言うと、 「焼くとか、漬け込むのとかはできるのよ。一つのことをずっとやるお手伝い的なことが得意(笑)」(櫻井)と。すると、 「上手に焼けてたし、味もおいしかったなぁ」(大野)と。大野さんってほんと、ほめ上手。 「本日の最大のミスはブーケ何とかをほどいてしまったこと」(櫻井)にも、 「大丈夫。2カ所で縛ってあったから、助かってた(笑)」(大野)と。櫻井さんは料理があまり得意じゃないと言ってましたが、 「嵐はみんな結構、料理がうまいんだよ。他のみんながうまいだけで、翔ちゃんもできない方じゃないよ。上手にできてるよ!」(大野)と言ってて、優しいなぁと。確かに、みんなうまいのよね。相葉さんも「相葉マナブ」でメキメキ腕を上げてるし。 「兄さん(大野)は普段からやってる人って料理の仕方だよね。手際がいいんだもん。」(櫻井)って言ってて、何か2人で褒め合ってる!?って感じで微笑ましかったです。

こぼれ話では、スイーツ部、マッスル部以外に何か部活動は増えたか?と聞かれて、 「マツジュンが走ってるね」(櫻井) 「本番前、会場で走ってるね(笑)」(大野)と。一瞬、そんなこと言ったら会場の周りファンが張るんじゃない?って思ったけど、よく考えたらドームの中よね? ドーム広いから十分走れるものね。 あと、二宮さんが「早スタンバイ部」と言われてました。 「18時開演だと、16時10分ぐらいにはもう完成してる(笑)」(櫻井)と。さっさと準備済ませて、あとは本番までゆっくりゲームという感じなのかな。

クロストークでは、スイーツ部の話やお互いに食べさせたい料理の話。櫻井さんは他人に言われて自分の好きなものに気づくタイプらしい? チーズケーキも家族で食事に行った時に「チーズケーキ好きでしょ。頼んだら?」って薦められて、 「”そうか俺はチーズケーキが好きなのか”ってなったの!」(櫻井)と。嵐でも二宮さん(たぶん)にそう言われたとか。 「兄さんにも、”翔ちゃん、これ好きだよね”ってよく言われるじゃん(笑)」(櫻井) 「言うね(笑)。なんか、有名な貝好きも含めて、”これ翔ちゃん好きだろうなぁ”って思う瞬間は、結構あるね」(大野)と言ってて、何かひたすら微笑ましくなってきました。 櫻井さんは、「自分じゃ気付いてないこともみんなが知ってくれてる(笑)」と笑ってましたが、 「多分、翔ちゃんって好きなものを食べたときのうれしいリアクションがはっきりしてるから(笑)。こういうの好きなんだなって印象に残るんだよね」(大野)ということらしい。逆に、櫻井さんも「あ、これは兄さん好きなやつ!」っていうのがあるそうで、 「食べたとき、並んだときの兄さんのリアクションで、あ、これは好きなんだなってその瞬間気付く(笑)」と。20年一緒にやってたら、嬉しい時はこんな感じとかっていうのもわかるんでしょうね。
櫻井さんが大野さんに食べさせたい料理はロシア料理のサリャンカっていうスープだそうで、ロシア料理には大野さんも興味があるので 「今度、ロシア料理やろうよ(笑)」(大野)と。月刊「嵐」はしりとりだから、そのためには「ロ」が来ないとね。

櫻井さんと相葉さんの「絵心対決」に向けて、 「大野先生に絵のテーマを決めていただきたいなと」(櫻井)と。で、大野さんが選んだテーマは「ポット」。 「デビュー当時、バレーボールの仕事で地方に泊まったとき、ホテルの部屋で時間があって、相葉ちゃんがいきなり、置いてあったポットの絵を描いたんだよね(笑)。だから、そんな思い出込みで、ポット(笑)」(大野)と。 もう1つテーマということで、「”感動したこと”で。”感動””感激”をテーマに自由に描いてみて。何でもいいから」(大野)と。同じテーマで大野さんの絵も見たいなぁ。参考までに・・・。アドバイスを求められると、 「小さくではなく、広く描いてみて」と。相葉さんには「勢いよく!」ということでした。
で、次号がいよいよ「絵心対決」だそうです。櫻井さんと相葉さんの絵も楽しみ♪

◎月刊「嵐」ペアトーク(p18)
月刊「嵐」プレーバック企画第7弾は、櫻井さんと二宮さんのペアトーク集で3ページ。

◎嵐 Switch(p21)
嵐情報が4ページ。「嵐のワクワク学校」が1ページと、7/25の「VS嵐 3時間SP」と9/18の「グッと!スポーツ」で1ページ、7/27・8/3の「嵐にしやがれ」と、ちょこっと7/28のNHKスペシャル「ブラックホールの謎」で1ページ、8/4の「号泣甲子園」と「嵐を旅する展覧会」で1ページありました。
「ワクワク学校」のページでは、ビーチバレーでの大野さんと二宮さんが同時にレシーブしようとしたシーンとか、大野さんのジャンプアップの横からの写真がありました。7/27の「嵐にしやがれ」での大野さんと相葉さんが首を傾けてる写真がありましたが、さっき見たので「あぁ、あのシーンがこれね♪」と。JALのCMを思い出しました。8/3の方では、大野さんと松本さんのカツサンド乾杯シーンの写真が4枚ありました。

◎CONTENTS(p23)
ページ左上に撮影エピソードと写真が載ってました。p2~3に見開きで載ってた写真と似てますが、ちょっと違ってます。嵐集合の表紙はお正月特大号以来とか。短時間勝負の撮影だったそうで、スタッフはドキドキだったとか。でも松本さんがボケをかましてくれたおかげで、緊張が一気にほぐれたそうです。
月刊「嵐」からの写真も下に載っていましたが、本編に載ってたのとは微妙に角度が違ってました。

◎なにわ男子(p120)
Jr.さんのページが続いていて、嵐の話も無さそうだしと流し見でページめくってたのですが・・・「大野智」の文字が目に入ってきました。p122の「今、闘志を燃やしている相手は?」という質問になにわ男子のメンバーが答えてるのですが、長尾謙杜さんが「嵐の大野智くん。めっちゃ絵がうまいし、タッチもすごく好き。自分の作品だけの個展をしたことあるのがうらやましい。今はまだ無理やけど、僕もデビューしてお客さんを呼べるようになったら個展をして、収益金を募金したいな。」と。歌とかダンスじゃなくて絵の方ね。個展をしたいってすごいね。個展を開くというのはなかなか大変だと思うけど、もしJr.の中でそういう人が何人かいるのだったら、文化祭みたいな感じで開くというのは実現性ありそう。ん~、でもそれじゃ「個展」とは言わないか・・・。

◎夏ドラマJr.12人ハナマルReport(p125)
夏ドラマに出演するJr.12人がp128で「今まで一番ハマったドラマは?」という質問にそれぞれ答えていて、「花より男子」を挙げている人が多かったです。目黒蓮さんは、 「嵐のバックについたとき、潤くんが歌っている姿を見て、わー本物だ!道明寺だ!って感動したりしてた。」と。あと、佐藤龍我さんは「ようこそ、わが家へ」を挙げてました。

月刊TV誌あとまだ3冊あるんだけど、また明日~。

月刊ザ・テレビジョン 関西版 2019年 9月号 / ザテレビジョン編集部 【雑誌】 - HMV&BOOKS online 1号店
月刊ザ・テレビジョン 関西版 2019年 9月号 / ザテレビジョン編集部 【雑誌】 - HMV&BOOKS online 1号店

月刊ザテレビジョン 関西版 (7net)

この記事へのコメント