ねーやんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS with 2018年12月号

<<   作成日時 : 2018/10/28 01:41   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

Amazonでポチってあったwith、ちゃんと発売日に届きました♪

★with
◎表紙
嵐さんが表紙。12月号ということもあってか完全に冬モードの衣装。

◎「嵐という奇跡について」嵐(p89)
嵐のグラビア&インタビューが12ページ。トビラの写真は表紙とは別の衣装。大野さん、首の巻物要らないんじゃ・・・。二宮さんの衣裳はじじむさいし・・・。いくらでも彼らに似合う素敵な衣装はあるだろうに、何でこういう選択になるのか不思議だなぁ。プロの考えることはわからん。。。

【1.ソロトーク】
メンバーのソロページ。1人1ページずつで、Q&Aみたいな形式になってます。ここの衣装は表紙と同じ。まぁ、この衣装もパッとしないなぁ。大野さん、上着脱いだ方が良かったかも。
このQ&Aは「デビューする前の嵐のメンバーの印象は?」とか「ライブでメンバーのソロコーナーを演出するなら?」など、それぞれがメンバーについて語る感じになってます。質問は各メンバーに同じものもあれば、異なるものもありました。全部興味深かったけど、大野さんについて語っているのをいくつか抜粋。

Q.ライブでメンバーのソロコーナーを演出するなら?
「リーダーはミディアムチューンの、爽やかな歌を聴きたい。『Season』のリーダーがソロで歌う落ちサビがすごく好きで。シンプルなステージセットで、歌をじっくり聴かせたい。」(相葉)
私も大野さん、めちゃめちゃ歌上手いなって気付いたのは「Season」でした。そう、派手なステージセットなんて要らないの。歌をじっくり聴かせてくれたら嬉しいなぁ。(ダンスはダンスで見たいけど)

「大野さんには、しっとりバラードを歌ってほしい。激しくない、綺麗な踊りもちゃんとあるやつを。歌を聴きたいです。」(櫻井)
私も大野さんが歌うならバラードも聴きたいな。美しいバラード、大野さんの声にすごく合うと思うので。うん、歌を聴きたいです、私も。

「今の智に何させるかな(笑)?・・・名曲と言われる曲をただただ歌わせる。歌謡曲とか演歌を、踊ったりすることなく歌い上げる智が見たい。」(松本)
演歌はともかく、名曲をたくさん歌ってくれるのは見たいなぁ。カバーアルバム作ってもらいたいぐらいだし。踊りは別のコーナーででも踊らせてもらいたいけど。

Q.映画やドラマにメンバをキャスティングするなら?
「リーダーは『インディ・ジョーンズ』みたいなアドベンチャー系の映画。考古学の研究をしていて、知的で、馬も乗れるみたいな。」(相葉)
カッコイイ〜。そういう映画観たいわ〜。

「大野さんはアクション。『忍びの国』でも動きがすごかった。」(櫻井)
櫻井さんは相葉さんにもアクションと言っているのですが、大野さんには「ブルース・リー的な細かく動いて戦ったりするアクション」で、相葉さんには「トム・クルーズ的な『そんなことやるの?』というアクション」なんだそうです。
大野さんにはどちらもやって欲しいなぁ。あ、でも危険なのは心配だから無謀じゃないやつで。

Q.もし20年前のデビュー前のメンバーと入れ替われるなら何がしたい?
「大野さんになって絵を描いてみたいかな。絵が上手い人って、物の捉え方とか見え方が違うんだろうなって思っていて。あの才能を持って絵を描いたら面白そうだから。」(櫻井)
櫻井さんはよくこう言ってる気がします。大野さんになって世の中見てみたいという風な。

二宮さんのコメントが無いのは、彼は1人1人について語っていないから。前に何かで見たインタビューでもそうだったから、基本的にこういうスタンスなのかも。
櫻井さんも相葉さんも松本さんも、大野さんにこういうのを歌って欲しいっていう具体的なものがあるんだから、メンバープロデュースのソロアルバムとか、ソロアルバムにそういうのも入ってるとか、実現できそうなのにね。ソロの歌声が聴きたいなぁ。

大野さんは、メンバーのソロコーナーの演出についてはきっぱりと「断る!!!!!」ということだったけど、理由は「俺は絶対にみんなが普段やったことないことをやらせたくなっちゃうから。」と。みんなが「何で?」と思うようなシュールなことをやらせて、凍り付いた雰囲気を「『引いてる引いてる』って楽しみたいんだよね(笑)」と。前に「CARNIVAL NIGHT part2」の振り付けの話で似たような話があったような・・・。メンバーにプレゼントする家についての答えでも、各メンバーへのプレゼントの理由がそれぞれ明確にあって面白かったです。

【2.20問20答】
5人が同じ質問に答えているQ&Aが1ページ。「これまでで一番カロリーを消費したライヴは?」 「一番印象に残っているライヴの景色、または転機となったライヴは?」 「メンバーのソロ曲で好きなもの、あるいは印象深いものを挙げるなら?」 「メンバーと二人旅に行くならどこで何をしたい?」という質問にそれぞれ答えていました。

大野さんが好きなメンバーのソロ曲は、
櫻井さん「Sunshine」
二宮さん「虹」
相葉さん「Disco Star」
松本さん「全部いいんだよな」と言ってから、「『Yabai-Yabai-Yabai』か『Naked』か迷う。」と。

メンバーが好きな大野さんのソロ曲は、
櫻井さん「『TOP SECRET』。彼が自分で振り付けしていて、あのダンスパートはすごい。キレッキレです。」
「〜夜会」でも言ってくれてたものね。映像まで見れたのほんと嬉しかったです。ありがとう〜。

二宮さん「Bad Boy」
二宮さんは、全員「Are You Happy?」からだから、最新が一番ということなのかもしれないですね。ソロページのコメント見てもそういう感じがするから。

相葉さん「どれも好き。去年の『Bad Boy』とか、毎回フリー演技の部分があって、そこでも魅せてくれました。」
いろんなパターンがあったらしいので、全部DVDに入れてもらいたかったよねぇ。でも相葉さん、去年はソロなかったんだよ・・・。あ、1月公演もあったから去年といえば去年か・・・。

松本さん 「『TOP SECRET』かな。盤になってないけどライヴでやってた曲で、間奏で高速のアクセントダンスみたいなのやってて。本人がストイックに『こういう音楽でこういう踊りやりたい』みたいな、すごい明確なヴィジョンがあったから。それを突き詰めた感じが印象的。間奏で踊り終ったときの、お客さんの歓声がすごかった。」
松本さん、めちゃ語ってくれてる〜。 今改めて踊ったらどんな感じになるのかな。大野さん、今は「こういう音楽でこういう踊りやりたい」っていうの無いのかな〜? 今、何をやりたいんだろう?

ちなみに、メンバーのソロ曲で私が1曲ずつ好きなのを選ぶとしたら、 「Hit the floor」(大野)「T.A.B.O.O」(櫻井)「Disco Star」(相葉)、 「MUSIC」(二宮)「Shake it!」(松本)ってとこかな。でも実際1曲というのは難しくて、大野さんだと「Deep Sorrow」も大好きだし、基本的にどれも好きだし、相葉さんのは結構どの曲も聴きやすくて好きだし、櫻井さんは「Rolling days」も同じくらい好き。松本さんも「STAY GOLD」とか「Don't you love me?」とかも好き。次のソロ曲を聴けるのはいつ〜?

【3.皆でぎゃは】
5人のインタビューが4ページ。 1人ずつのインタビューを組み合わせて構成されてる感じ。
メンバーを褒めるというお題で話した部分のようだけど、 「リーダーのいいところは、”何も言わない”ところじゃないかな(笑)。思うところはたくさんあるだろうけど、それでもずっと言わないというスタンスでやり続ける。とくにパフォーマンス上はメインで歌うところも多いんだけど、文句も何も言わずに、淡々とやる。」(松本)と。 そういう松本さんについては大野さんがこれまた褒めてました。 「クオリティを上げるってことに対しては、一切妥協しないんだよね。」と。
相葉さんは 「リーダーは、リーダーにしかできないことをたくさん持ってますよね。ダンスも歌もバラエティ。あとは絵とか芸術とか、アーティストの部分と釣りと・・・。釣りは、何時間でも飽きずにできるし。あんなにいろんな才能があるのに、バラエティの脱力感がすごかったり・・・。ある意味ぶっ飛んでる人。」と。で、大野さんは相葉さんについて「優しさの塊」と。相葉さんによると、個性も才能もバラバラな5人に共通するのは「優しさ」とか。グループが長続きして、仲が良い、ほんわかした雰囲気があるのはみんな優しくて、何も言わずに受け入れる大野さんがリーダーでってところが大きいだろうなぁと思います。

20周年イヤーを前に、”あらためてメンバーに対して感謝の気持ちを伝えてください”というお願いに、5人とも「感謝しかない」と。大野さんは具体的に4人それぞれに感謝のコメントをしていました。 「松潤とは、二人で会って話すことが俺の中では一番多かったかな。その時々で仕事のこととかいろいろ話して、自分の中で助けられたこともあったから。」と言っていて、振り付けしたりするから話す機会も多かったのかなと。 二宮さんへの感謝の中で大野さんが言ってたのは、いまだに夢の中にいる感じだそうで、 「何もかも、いまだに実感がなくて、どこかフワフワしてる(笑)。もちろん、一つ一つの仕事に対する責任は感じてるし、期待にも応えたいけど、だからといって気負ったり、背伸びしたりする必要もないなって思っていて・・・。昔に比べたらいい意味で焦らなくなったけど、たまに ”これは覚悟してかからないとダメかな”みたいに、ちょっと気持ちがギュッと縮こまりそうになるときがあって、そういうときにニノを見ると、勝手に安心する(笑)。」と。
みんなお互いにこう素直に感謝し合える関係というのが何かすごいな〜と思ったり。1人1人見ると性格も全然違うと思うんだけど、上手いこと融合してるというか、10周年の頃によく言われた「奇跡の5人」っていうのは本当にそうなんだろうなぁという気がします。この5人でグループを作ったジャニーさんすごいなぁ。

【4.嵐の素顔】
メイキングが1ページ。写真の他に撮影中の裏話も載ってました。誌面に載らなかった質問もあるようで、40代に、「一番モテそうな人」「一番体力をキープしていそうな人」という質問には、大野さんは「相葉ちゃん!」と即答だったとか。 「一番成熟していそうな人は?」という質問には「それはみんなだよ」(大野)と。 「年齢を重ねて、嫌だなと思うことは?」には5人とも「ない!」と即答だったそうだし、そう思えるのはいい年の重ね方をしているのでしょうね。顔を見てもそう思います。

「今回は、一人一人にじっくり話を聞いた。」ということで、大野さんの話もたくさん聞けて良かったです。ラジオが無い今、雑誌でしか大野さんの話を聞く機会が無いから・・・。(TVじゃあまり話は聞けないし)
嵐は素敵なグループだし、20周年はもちろん楽しみにしてるけど、大野さん個人のお仕事も待ちに待ってるので、嬉しいお知らせが来てほしいな〜。 嵐の20周年は追加のコンサートだけじゃなくて、いろんなことがあるのだろうけど、多くのファンが気持ちよく祝える20周年になるといいなと思います。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文












with 2018年12月号 ねーやんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる