宝塚歌劇宙組「天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-」

2018.03.18 15:00開演(貸切なのでちょこっと早く司会の挨拶がありましたが)の宝塚大劇場での宙組公演「天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-」を妹と観に行きました。ホワイトデーのぴあ貸切公演ということで、クリアファイルのお土産付き。 宙組の新トップ大劇場お披露目公演になります。

「天は~」は、「少女コミック」に連載されていた篠原千絵さんの漫画が原作。私は読んだことないのですが、プログラムに載ってる絵を見ると、ビジュアルは寄せてあって、イメージは大丈夫じゃないかな? いやほんと、ビジュアルに関しては、ポスター見た時から、「おぉ、美しい!」と思ってたのよね。新トップの真風涼帆さん、めちゃカッコイイし、娘トップの星風まどかさんはめちゃ可愛くて。フレッシュな新トップコンビでした。星風さんは100期生だそうで、ついこの間100周年って言ってたと思うのに、もうその代からトップが出るなんて、早いなぁと思いました。
他のキャストも含め麗しい~、カッコイイ~の連続で、ストーリーもハッピーエンドで気持ちよく観れました。ちょっと「王家の紋章」に似てる気も。黒太子が出て来るのだけど、黒太子と聞くと「グイン・サーガ」のスカールが浮かぶわ~。好きなキャラでしたので・・・。が、こちらの黒太子もカッコ良かったです。
澄輝さやとさんが見当たらないなぁって思ってたら、今回は女性の役で。芹香斗亜さんは花組から移って来ての2番手。宙組は男役充実してるから、わざわざ他の組から入れる必要ない気がしたけどな?

ショーは「シトラスの風-Sunrise-」ということで、前トップの朝夏まなとさん時代、その前の凰稀かなめさん時代にも「シトラスの風」をやっているので、「また?」って思いましたが、このショーは好きなのでまぁいいかな。前回と同じところはまだ記憶が新しいので、役替わり公演を観てる気分でした。


「天は赤い河のほとり」の主なキャストは以下の通り
カイル・ムルシリ: 真風涼帆
ユーリ/鈴木夕梨: 星風まどか
ウセル・ラムセス: 芹香斗亜
ウルヒ・シャルマ: 星条海斗
シュッピルリウマI世: 寿つかさ
ハトホル: 美風舞良
ナキア: 純矢ちとせ
ネフェルティティ王太后<タトゥーキア>: 澄輝さやと
キックリ: 凛城きら
黒太子マッティワザ: 愛月ひかる
ルサファ: 蒼羽りく
ザナンザ・ハットゥシリ: 桜木みなと

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント