ねーやんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 婦人公論 2017年2月28日号

<<   作成日時 : 2017/02/15 00:28   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

婦人公論の嵐のライブ記事、どうしようかな〜と思いつつ、まぁ他誌とはまた雰囲気違うし買ってみました。 若者向けの雑誌じゃないので、他のページもいろいろ参考になるしね。仕事についての記事も興味深かったです。

★婦人公論
◎ARASHI 5人でつくる最高のハッピー(p84)
中井美穂さんが語る、嵐の東京ドーム公演の魅力ということで、6ページ。それぞれのソロについてはプロフィールと写真とともに、簡単に紹介されていました。
テキストは中井美穂さんがコンサートへ行って感じたことがいろいろ書かれています。ジャニーズのコンサートは行ったことがあるものの、嵐は初めてだそうです。
嵐の印象について、 「相手をフォローしようという意識がなくても、テレパシーのごとく自然と感じ合えるチームメイト。”美しい五角形”ですね。」と。大野さんについては「アーティストらしいマイペースさが魅力。からかわれても動じないし、何を言われても損なわれない強さがあります。真面目なメンバーのなかで、ときおり『みんながやるから、いいや俺』という油断も見える(笑)。そこがかえって、グループの幅を広げている気がします。天才肌で、通好みの人。」と。確かに通好み♪ 油断というか、わざわざ出て行かないというかね。歯がゆい部分でもあるけど、他のメンバーがのびのび活躍できるという部分でもあるしね。グループにとってはまぁ悪くないのかも。

他のメンバーについても、それぞれ印象を語っていました。簡単に紹介すると、相葉さんは「ジャニーズの正統」、櫻井さんは「アイドルがMCもこなすというより、できる男性アナウンサーが、じつは歌と踊りがめちゃくちゃうまかった、みたいな雰囲気」、 二宮さんは「(映画などの役柄の印象で)孤独が似合い、わが道を行くイメージがある人。でも、嵐でいるときは違うんですね。」、松本さんは「プロデューサー的存在。制作者」と。二宮さんのコンサートでの笑顔を見てほっとしたそうです。暗い作品が多かったのかな?

全体を通しての感想は、 「あらゆる人が『楽しかったね』といえるステージ。(中略)本人たちが本当に楽しそうなのもいい。”みんなに愛されて育った息子たち”というあたたかさを感じます。」と。今日来たFC会報にもツアーのことが載ってたけど、ほんとに自分たちも楽しんでるようで、そういうのがステージでも出るんだろうなぁ。楽しそうな彼らを見てるだけで楽しくなってくるから。



婦人公論 2017年 2/28 号 [雑誌]
中央公論新社
2017-02-14

Amazonアソシエイト by 婦人公論 2017年 2/28 号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



婦人公論 2017年 2/28号 [雑誌]
楽天ブックス
中央公論新社発売日:2017年02月14日 予約締切日:2017年02月10日 A4変 26101




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文










婦人公論 2017年2月28日号 ねーやんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる