Arashi Discovery(2016.12.07)でTWO TO TANGOの振付の話

随分経っちゃったけど、一応置いときたいので。。。
12/7の大野さんのラジオ「Arashi Discovery」で、「TWO TO TANGO」の振付の話がありました。

「It takes two to tango」

んふふ・・・
やさし~くいきましたね。
これはですね、直訳すると、
”タンゴを踊るには2人必要” ”タンゴは1人では踊れない”
となりますが、え~、そこから転じて、責任はどちらにもあるという意味を持つ英語のことわざです。
え~埼玉家のリスナー、ミルクティーさんから教えていただきました。
メールを読みますと、
「え~智くん、おはようございます。この言葉は、嵐のアルバム『Are You Happy?』に収録されている曲『TWO TO TANGO』のタイトルの意味を調べていたら見つけました。最初曲名を見たときは、タンゴの歌なのか?と思ったのですが、こんな意味があったなんて驚きです。嵐さんの曲名から覚える英単語も多いので、え~私の英語学習にも役立っています。ありがとう嵐さん。」

この曲ねぇ、あの僕~・・・ライブでやってますよ。
この動き僕振り付けたんですよ。
でもねぇ、申し訳ない!
この直訳すると、”タンゴを踊るには2人必要”
ただメンバー・・・一瞬1人で踊ってます。
ちゃうちゃう振付でね?
そう、確かに、あの~・・・タンゴは2人必要ですよ。
ただ・・・
やっぱり相手役、女性・・・ダンサーもいないしぃ・・・いないからぁ。
男同士で踊ってたら気持ち悪いでしょう?
どうしようかなぁと思った時に、ちょっとタンゴ要素を一瞬でもいいから入れたかった。
だっ1人、あぁ1人で踊ってる嵐。
要は女性が目の前にいると見立てて、の振付もちょっと入ってますね。
ほんと一瞬だから観に、これから観にくる方、よくチェックしてたら、「あ、ここか」ってわかります。
えぇ・・・
まぁだからねぇ・・・
この振付はねぇ、なんだろ?
これはねぇ、あの~・・・
曲ずっと聴いて、頭ん中でだいたい作ったかな?
で~、頭ん中でぽっぽっぽって浮かんだものを、スタジオ行って踊って、修正して。
ほぼ1日でついたこれ。
ま、その前まで聴いて。
家で、頭ん中でなぞってたけどもね。
うん・・・。
まぁこれはライブではね、あの~・・・いろんな演出も含め、え~きれいな仕上がりになってるんでね。
え~・・・
まだ観に来てない方はぜひとも、楽しんでほしいですね。

そう!
こないだはね、大阪公演終わりまして。
次は、え~名古屋か。
で、名古屋やって、東京やって今年は終わって。
来年1月に福岡!ですね。
正月ボケしないようにがんばります。
んふふ(笑)。
今んとこはケガも無く順調ですよ。
う~ん。
まぁだから年明けまで続くんで、久々ですよ、年明けまで続くライブ。
う~ん。
だからちょっと・・・
まぁそれが終わったらね僕はちょっとゆっくりしようかなぁと思ってますけどね。

え?
だって今年働いたもん。
来年はちょとゆっくりしようかなっと思ってます。
来年はもちろん働く・・・
だって来年福岡ドームやっても働いて、働いたあと休むんですよ。
必要ですよね?
えぇ・・・みなさんお許しを。

以上、大野智でした。



「TWO TO TANGO」の1人タンゴの振り、記憶になくて残念。あの、櫻井さんににじり寄っていくところの印象が強くて。DVDで早く確認したいわ~。 周りで白いひらひらを動かしてるのも幻想的できれいでした。
最後の方はマネージャーさんと話してたのかしら。ほんとに一貫してる~。もうほんと、とりあえず映画のPRが忙しくなるまでにちょっとお休みあげて~って思います。仕事が生きがいとか仕事が大好きっていう人もいるだろうけど、そうでない人もいっぱいいるものね。私は完全に後者ですし~。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント