Arashi Discovery(2016.10.11)で「忍びの国」のアクション撮影の話+α

10/11の大野さんのラジオ「Arashi Discovery」で、「忍びの国」のアクション撮影の話などがありました。

「Experience is not always the kindest of teachers, but it is surely the best.」

これは、スペインに伝わることわざだそうです。
ちなみに今のは英語です。
え~日本語に訳すと、「経験が常に最も優しい教師とは限らない。しかし、最高の教師であることは間違いない」
となります。
え~、楽しい経験、つらい経験、ためになる経験、どうでもいい経験。
人間は、いろいろなことから学んでいくこと・・・ということですね。
逆に言うと、いろいろ経験しなければいけない、ということです。

確かに。
何事も経験ですよ。
まぁ~僕もいろんな経験しましたけども。
今年でゆったら何ですかねぇ。
まぁでもこないだ映画が終わったんでねぇ。
あの~・・・まぁ、新たな経験ではありましたけれどもねぇ。
う~ん。
まぁだから・・・
結構後半はアクション、残りのアクションとかを・・・いっぱいやったかなぁ、えぇ・・・。
鈴木亮平くんとねぇ、あの~・・・アクションやるシーンがあるんですけどねぇ。
やってる時はねぇ、ふたりでねぇ、あのねぇ(笑)「いくらやっても終わんないね」ってことなんですよ。
ま、結構まとまって・・・5日間ぐらい撮影最後あったんですけどぉ。
二日目とかはねぇ・・・大体ね、12時間近くず~っとアクションの撮影でしたね。
気が緩めないから、殺陣でね。
ちょっと気が緩んで1個でも間違えると当たっちゃうとか。
で、その場でちょっと変わったりもするから、ほんと、気が気じゃないんですよ。
で、その日は・・・12時間近くやったけど、その日は殺陣全部、アクションのシーンまだ終わらなくて。
で、次の日夕方までやって終わっ、とりあえず終わって。
「あ、終わった」と思ったね。
「やった!あ、終わるんだ!?」と思いましたね。
全然終わんなかったからね!
ね、アクションとか僕、舞台ではね、むか~しやったことあるけども。
それはもうすぐ、まぁね、あの~撮り直しみたいなのないからね。
えぇ・・・
まぁそのためにずっと練習はしてきて本番ですけどもねぇ。

そう、だからアクション練習の日は、まぁまぁ飛び飛びだけどもぉ・・・
4、5回やったかな?
だけどぉ、ま、当日で、まぁ大幅に変わることは無いけども、うん。
ま、軽く手が2、3手変わったりとか、ってのはあったけども。
ま、アクション変わったけど、セリフはねぇ、そんなに変わってないんですよ。
基本は。
う~ん。
軽く一言増えたりぐらいですね。
そもそもねぇ、セリフ・・・がそんなにないんですよ、僕。
あのねぇ、僕ねぇ、あの~ドラマ? 
「世界一難しい恋」で社長役だったんだけど。
社長上がりだったんで・・・えぇ。
社長、すごい出てたんですよ、出ずっぱで。
で、結構まぁまぁセリフもしゃべってて。
それ上がりでこの映画なんですよ。
で、台本見たときに、素直に思ったのが、 「あれ、俺、出番ほとんどないじゃん」と思って。
「セリフほとんどないじゃん」って思ったんですよ。
でもたぶん、それ麻痺で。
んふふ。
社長上がりだったんで。
これ普通かぁっていう。
あ、相当やっぱあん時出てたんだなっと思いましたね。
えぇ。
だから二つともいい経験でしたよね。
う~ん。
なかなかねぇ、ドラマ終わってすぐ映画とか僕無かったんで。
だからなんか、そういう感じになりましたね。
まぁだから・・・逆に、あの~ドラマ・・・例えばDVD出るのかな?
それ・・・でして、まぁ映画、公開が夏なんですけどぉ。
例えば!
んふ
「世界一難しい恋」のドラマを見終わってすぐ映画観たら、「あれ?大野くん全然出てないじゃん」って思うかもしんない。
んふふふ(笑)
えぇ、麻痺ですからね、それは。
えぇ・・・
ま、来年公開です。
楽しみにしといてください!

以上、大野智でした。



撮影の話、詳しくしてくれて嬉しいです♪ アクションシーンは結構まとめて撮影だったんですね。でも体力的にも精神的にもキツそう~。 社長はほんとに出ずっぱりでしたねぇ。あんな贅沢なドラマはなかなか無いですよ。大変楽しませていただきました。 それに比べたら出番は少ないかもしれませんが、それを補って余りある姿が観られそうで、今からワクワクです。 

鈴木亮平さんのブログ(「Neutral Suzuki Ryohei Official Blog」)に、
「下山平兵衛という役。肉体的にも精神的にも疲れたけれど、まさに役者冥利につきる役でした。アクションシーンでは、満身創痍、まさに全身全霊出し切りました。
これを来年の夏、皆さんに観てもらえるかと思うと今から楽しみでなりません。」


と書かれてましたが、満身創痍、全身全霊のアクションシーン、こちらこそ、来年の夏に観られるかと思うと楽しみでならないですよね。

あと、TBS「みんなのえいが」(こっちはオンエア無いけど、動画で拝見)で、「忍びの国」プロデューサーさんからのお手紙が紹介されました。
「(前略)7月に始まった撮影は、日差しを遮るものもない35度を超える暑さ、突然の雷雨、例年にない不順な天候で、次々とやってくる台風の影響での突風、猛烈な砂嵐などに見舞われながらも、何とか進みました。
大野智さんはじめ、出演者の方々には、過酷な状況の中でも体力の限界まで挑戦し、ぎりぎりのお芝居、アクションをして頂きました。
その姿には、鳥肌が立つような感動を幾度も感じました。
今まで見たことも無い、まったく新しい忍びのアクションが繰り広げられています。
来年夏の公開をぜひ、楽しみにしてください。」


ということで、ハードルがどんどん上がっていく・・・。それにしても過酷な撮影。進路のおかしな台風も来てましたし、ほんと大変だったと思いますが、ほぼ予定通りに9月末に撮影が完了してるというのは、スタッフさん、役者さんのがんばりの賜物なのでしょうね。 番組にもなかなか新情報が入ってこないということですが、何とかちょっとでも情報をという姿勢が見えて、ありがたいなぁと思いました。なので、全国放送して~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ようこ
2016年10月12日 16:05
ふぁるさん、こんばんは。

二日続けて、ラジオで映画のお話が聞けて嬉しいですね♪
「VS嵐」や「嵐にしやがれ」のオンエアの時に、大野さんの腕や手に内出血の痕や傷があるというtweetを見かけたりしていたので、映画撮影大変なんだろうな、と思っていましたが、本人曰く「変なケガ」もなく無事に撮影が終わったということで良かったです。
実際は、鈴木亮平さんのブログのように「満身創痍」「全身全霊」の過酷な撮影だったんでしょうけど、大野さんが笑って、ふんわりと「いくらやっても終わんないね」と鈴木亮平くんと話していた、というのが何ともかんとも大野さんらしい話しぶりだな~と思いました。

映画、とっても楽しみですが、私もふぁるさんと同じく大阪府民なので、「みんなのえいが」の放送もなく、「セカムズ」の時のように、これからも何かとローカルの悲哀を味わいそうで悔しいところです。
「忍びの国」はせっかく伊賀が舞台なのだから、こちらでもバンバン宣伝して欲しいですよね~!
2016年10月12日 22:41
ようこさん、こんばんは。
映画の情報がほとんど出てこないので、大野さんから話が聞けるのはとっても嬉しいです♪ 私も流れてきた写真を見ましたが、大野さんの手足があざだらけでしたね。ちょっとした傷はあったのだと思いますが、大きなケガや事故が無くて良かったです。「いくらやっても終わんないね」ってお話ししてた様子がなんだか頭に浮かぶのですが、ほのぼのしてそうだなぁと。ほんと、実際は気を張り詰めてないといけないから大変な最中だったのでしょうけど。

ローカルの壁がこれからもそびえ立ちそうで困るところなんですけど、MBSにも映画の情報番組とかあるので、TBSから情報もらってこっちでも流してもらいたいなぁと思います。
最初、撮影も伊賀でロケとかあるかなぁと思ったのに、関東ばかりだったのが残念。宣伝はこちらでもよろしくお願いしたいですね~。