Arashi Discovery(2016.10.5)で嵐のグループメールの話

10/5の大野さんのラジオ「Arashi Discovery」で、嵐のメンバー5人でやってるグループメールの話がありました。

「本当にそうだなぁと共感するとき、人は心が開き、笑い、新しく生きる力を得る」

おぉ・・・
いい言葉ですね、これねぇ。
これは、日本の映画監督、山田洋次さんの言葉です。
リスナーのまっつぁんさんから教えていただきました。
メールを読みますと、
「おはようございます。大野くんに質問です。私たちが知らないような、嵐のみなさんの間での、嵐あるあるがあったら是非聞かしてください」

嵐あるある・・・
嵐あるあるってなんだろねぇ・・・
聞いたことないやつってあんまりないんじゃない?
意外ともう、結構・・・嵐ってしゃべっちゃうからねぇ。
全部。
何だろねぇ・・・
まぁでもねぇ・・・
何だろ?
優しい!
嵐は。
だって!自信あるよ、マジで。
だって嵐・・・あのメール、グループでやってんだけどぉ、あるんだけどぉ。
100パー自信ある。
僕が今・・・例えばだよ?
一斉メールするとするよね、みんなに、例えば。
ほしたら100パーみんな返ってくる。
自信ある、これは。
遅れることはもちろんあるけども。
でも絶対返してくれる。
優しくないっすか?
んふふ。
これね、嵐って絶対なの。
あと・・・ちょっと嬉しい。
この・・・嵐で・・・メールやってる感。
んふふ、何つうんだろな。
不思議なんだよ何か。
面白いのがさ、さっきまで一緒にしごとしてたのに。
終わって、5人で、メールしてんだよ?
んふふふ(笑)
なんか、なんだろ?
誰にも知らないじゃん。
マネージャーも入ってない・・・5人だけの空間でメールのしあいっこしてんの。
何か面白いな・・・うん。
それでなんかねぇ・・・
たま~に面白いなぁこれ、このやりとり面白いなぁと思うもん。
う~ん。
まぁ改めて仲いいんだか何だか・・・
んふふ
何だかわかんない。

ちょっと前あったのはねぇ、なんかねぇ・・・
何かのきっかけで誰かがメールしたんですよ。
ほんで5人でこう会話していく中で。
流れで、俺、松潤と、あの~ドラマ時期が一緒だった時あったから・・・
二人ともがんばってね~みたいな、何かあったんだよね流れでね。
で、松潤と、「終わったら二人で乾杯しようよ」みたいなのを、グループのメールでやってんの。
それはもう、二人でやっていいじゃん。
松潤と俺で、「終わったら乾杯しようね」って二人でやってんだけど、そこも、ちゃんと、グループの中でそれを遣るっていうね。
微笑ましいじゃないですか。
うん。
家族みたい。
で、まだ・・・飲んでないんだけどね。
んははははは(笑)
乾杯してないんだけどもね。
えぇ・・・

まぁでもなんかねぇ・・・
そうだね~、そういうのあるね。
嵐あるあるっつうか・・・
絶対返事を返してくれるみなさんです。
えぇ・・・

これからまぁツアーリハですけども。
じゃ、今度入れてみようかな。
楽屋、あの~本番、例えば初日前の楽屋で。
「今日からツアーよろしくね」みたいのを・・・みんないる前でメールでやってみようかな。
それでも、ニヤニヤして返してきますよ、みんな。
うっふふ
えぇ、そんな感じですよ。
今度やってみますよ。
えぇ・・・へっへ

はいっ。
以上、大野智でした。



微笑ましいなぁ、もう。何か芸能界、殺伐とした話題も多い中、こういう空間もあるんだなぁと思うとほっこりします。 プライベートはお互いそんなに付き合いないみたいなのに、信頼とか尊敬とか安心するとか、そういう絆は強いですよね。不思議な感じもするけど、いい距離感ということなのかな。 自分でも”微笑ましい”って言ってるのがちょっと面白いです。 冠番組では、こういう5人の良さとかお互いの関係性を最大限生かしてもらいたいと思うし、それとは別にソロでの活動も見せてもらえたらな~と思います。 雑誌での「月刊嵐」とか、「アラシブンノニ」とか、CDのシークレットトークとか、TV以外の企画の方が面白いのよね。これをTVで見せてくれたらなぁといつも思います。 SMAPさんがやってたUSJへの旅みたいなのも見てみたいし。もちろん、歌とダンスの披露は必須項目ですけども。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント