「世界一難しい恋」第6話 感想

5/18(水)にオンエアされた6話の感想です。

「世界一難しい恋」 第6話
今回は美咲さんのモノローグが。これ、その登場人物について、よくわかるので良いですね。手っ取り早く背景を説明できるというか。 美咲さんはご両親を亡くしておじいちゃん子だったんですね。子役の子、榮倉奈々さんに似てるなぁって思いました。 高校生時代は波瑠さんが演じてて、ちょっとキビシイ気もしたけども、あの面接の風貌にはつながりますね。 社長が社員を前に話しているところで、「ターゲット、フルスピード」ときて、美咲さんを見つけて「トゥーマンス!」って声がひっくり返ってたのが可愛かったです。うまいこと声ひっくり返せるんだなぁと。 で、美咲さんは社長の行動が「いちいちツボ」だったんですね。美咲さんから見ても、可愛いなぁって感じなんじゃないかしら。海の場面の美咲さんの表情見てたら、はしゃいでる子供を優しく見守るお母さんみたいだなぁって思いましたし。

水族館デートは零治さんの得意分野なんですね。メダカだけじゃなくて、魚全般詳しいのかな。ここでの会話は2人とも可愛いな~と思います。美咲さんがイワシを「あの子」っていうのも可愛かったし。 「れいさん」って言われたときの零治さんの反応もめちゃ可愛い♪
帰りにスマホを取り出した美咲さんに、 「1台だけ?」って聞いてたのは、1話の見合い相手が3台持ってたから気になったのかな。 「おれも・・・これだけ」って言ってたけど、この「これだけ」の言い方が可愛かったなぁ。無意味に手を照らして見たりして、自分から連絡先教えてって言えないのねぇ。美咲さんが言ってくれて良かったね。

出社したときの、にやけた「おはよ」・・・。なかなかポーカーフェイスで通せないいのねぇ。 村沖さんとの会話がもういきなり上から目線で。完全にうかれてますね~。 
三浦と社長のエレベーターでの会話も面白かったです。社長の表情もすごーく上手い!
でも、和田社長との会話で、えらそうなのはちょっとどうかと思いましたよ~、鮫島くん! あんなに師匠にアドバイスもらったのに~。 ま、ここで丁寧に対応してもあとでバラされないかどうかはわからないけどね。

イギリス留学中、夜な夜なダンスパーティーで踊ってたなんて、そういうとこ見たいなぁ。零治さんのイギリス時代はないのかなぁ?
美咲さんに京都出張の可能性があるというので、 「みささんがじゃんけんに勝ってしまったら、れいさん1人で行く羽目になる」って、もうププッってなりましたよ~。可愛過ぎる・・・。 でも、 出張を辞退するように話してみたらと言われて、 「部下が仕事にやる気を見せてるのに反対してどうする」って言ってるのを聞いて、お~、そこはちゃんとしてるんだねって思いました。

トイレでの三浦と社長のシーン、トイレだけど社長カッコいいな。この2人のシーンもいつもなかなか面白い♪ で、京都出張をかけたジャンケン、絶対社長の様子ははたで見てたらおかしいですよねぇ。音無さんたちも見てたけど、見て見ぬふりしてましたね~。

美咲さんとのデート前、「13時待ち合わせ」のメールを受け取って、返信するのに1時間も考えてたとはね♪ 「うむ」より「了解」の方が確かに良いと思うわ。で、落語デートの後の定食屋さんで、パーティの誘いを断られた時の零治さんの態度はマズいよねぇ。いきなり恩着せがましい言い方するし~。”ごすけ”の話も、それはダメだよねぇ。最後はすごい上から物言ってるし。まぁ、美咲さんも美咲さんだけどもね。零治さんは、ちゃんと理由を話してお願いするとかすれば良かったと思うけど。
でも、ちゃんと落語のCDを社長に貸してくれたのは、美咲さん、えらいな~と思いました。喧嘩してたらそれもしなさそうなのに。結果、仲直りのきっかけになってるしね。 家で落語のCD聴いて、お風呂上がりに美咲さんにメールして、スマホはテーブルに置いたままでベッドで様子をうかがってるのが、零治さんの気持ちを表してるなぁと。 ベッドにあがった時に、首を振って前髪を払ってたのがなんかツボでした。
返事が来た時の、スマホの取り上げ方もすごく丁寧な感じで良いなぁと思いました。しかし、メールしてるの2:49って2人とも夜更かしですよねぇ。電話したときは2:59だし! えらい時間に電話かけてるよね。 で、いきなり「”おやすみなさい”を逆からよんだことあるか?」なんて。 でもちゃんと美咲さんが乗ってくれるなんて優しいなぁ。2人で普通にいさなみ先生についての会話が展開してるし~。なかなかこの感性で合うっていうのは無いと思うよ? いい2人ですね。電話切ったのは3:02だったから、3分くらいしか話してないけど、幸せそうな零治さん♪ 「ほし・・・みなさい」と気付いて外に星を見に行くあたり、「今日の日はさようなら」の耕太を思い出しました。雰囲気なのか表情なのか・・・。

携帯の使い方で、面白いのは「一周回って通話だ」っていうのが良いなぁと。メールとかLINEとか、直接伝えるということが減ってる今日この頃、直接声を聴ける、直接思いを伝えるということの良さに気付かせてくれるセリフでした。 いさなみ先生の絵を描いてましたが、大野さん直筆なのかな? キャラデザインは大野さんなのか?美術さんなのか? どちらにしても、零治さんは絵を描く人なのかな。普段全く描かないって人の絵ではない感じ。

で、いよいよパーティ。和田社長は女性を2人も連れて、あれは村沖さんへのアピールなのかな。鮫島社長、ちゃんと会長や他のホテルの人(?)とは、無難に話をしてるっぽいですね。 和田社長も和田社長だけど、リリコがねぇ。嫌な女だわ~。和田社長はともかく、あなたは関係ないでしょーが!って思いましたわ。 予告で「このパーティに女を連れてくるために君と付き合ったんだよ」って流れてましたが、村沖さんに言ったのか、零治さんに言ったのか?って思ってたんだけど、ストレートに来ましたね。「和田ー!!」言うてしまいましたよ。まぁ、零治さんの和田社長に対する、数々の失礼を思うと、致し方なしって気もしないではないんですけどね。 で、それを聞いて美咲さんが帰っちゃうのもやっぱり致し方なし・・・。
会長さんと踊る鮫島社長は、しかし素敵でした~。やっぱりサマになるんですよねぇ。身長の感じも良かったですしね。 家康くんが和田社長が連れて来た女性と踊ってて、 「鮫島くんとは釣り合わないけど、彼とは釣り合うから」なんて言われてたけど、こうなると本当に、小瀧くんが選ばれた理由のひとつに「身長」もあるんだろうな~って思います。
で、会場から出て来た零治さんは、 「破局だ」と。 「学級委員と飼育係じゃ上手くやっていけるはずがなかったんだよ」っていうセリフも上手いなぁと(←脚本が)。

美咲さんに電話することを勧める村沖さんに、 「俺から話すことは何も無い」なんて言うから、 「もっとちゃんと話してー!」って思いました。誤解されたままなんてーと。「I seek」もかかってたから、6話はここで終わりかと思ったら! 曲が終わる頃、ちゃんと零治さん、美咲さんに電話できた!
いさなみすやお先生の謝罪会見という形を借りてではあったけど。美咲さんも妻のしほさんの謝罪会見ということでお互い気持ちが伝えられたのは良かったです。 「一緒にダンスがしたかった」っていうのはちょっと切なかったな。私もダンス見たかった~。 で、いさなみ先生から、れいさん自身の言葉に。 「お付き合い」「おしゃべり」っていう言葉遣いが何だか素敵。 「絶対に会えない場所にいるわけでもないのに、会わないのはいったいいかなる理由だろうか」なんてもう~。 文学作品を読んでるような、奥ゆかしい雰囲気が漂ってきました。 「会います?」って美咲さんが言ってくれて、2人とも嬉しそう。この後味の良さ! 見てるこっちも幸せな気分になっちゃいます。

予告では、美咲さんが零治さんの家に来て、零治さんがまた嬉しそうだし、2人でお料理してるのが楽しそうだし♪ 美咲さんの寝顔に近づく零治さんとか、ベッドやら布団の上を転がってる2人とか、村沖さんの怪しい感じとか、次回も楽しみで仕方ないです~。

 
別の予告スポットでは、零治さんの寝顔に近づく美咲さんというのもあるし、石神さんが社長の家にお泊りしてたり、まひろちゃんが美咲さんの家にお泊りしてたり、やっぱり楽しみ~。 謝罪会見のくだりを見てて、何だか大野さんは、純文学系の作品も合いそうな気がしました。以前から、文豪の役なんかも似合いそうとは思ってたんだけど、ちょっとそういうのも見てみたいなと思いました。(ただし、純文学自体は、苦手なんだけど・・・。でも、だからこそ、大野さんのおかげでお近づきになれるってことがあるかもしれないですよね。)

6話は裏でバレーボールが盛り上がってたので、視聴率的には下がっても仕方ないなと思ってたのですが、11.7%と微増。安定してますね。 最初、私の周辺の人たちの間では、あまり評判が良くなかったのですが、「社長が可愛くなってきた」「ハマってきた」という変化を聞いて、嬉しいなぁと思います。

「世界一難しい恋」公式サイト

この記事へのコメント

はる
2016年05月23日 07:30
ふぁるさん、おはようございます。
6話もホントにあっという間に1時間終わってしました。今回は美咲さんの語りからで、この語りで皆さんの背景がわかりいいですよね。美咲の髪型がいつの時代だよ!って突っ込みたくなりましたが。
ジムで歩調があってニマニマしてたり、水族館デートでいちいち嬉しそうな顔のれいさんが可愛かった!
いさなみすやおのくだりも良かった。1回目のくだりが2回目に仲直りのくだりに続くなんて素敵でした!正座して一生懸命話しているれいさんに、最後はうるうるしてしまいました。仲直りで終われて良かったですよね。7話も楽しみですね!!
あおぞら
2016年05月23日 21:57
ふぁるさん、こんばんは。

4.5話とドンドン盛り上がって6話は、どうだろうと思っていたら、一番素敵な回になりました。好きな回が更新されるなんて、嬉しい限りです。

嵐ファンではない友達から、大野くん、素でやってる?ピッタリの役だわーと。
どんな役でもはまり役と言わせるところが大野くんの凄さですよね。
ようこ
2016年05月23日 22:11
ふぁるさん、こんばんは。

6話、我が家では、バレーボールを見たい夫をリビングから移動してもらって(追い出して)見たのですが、一人で見て正解でした。前半の嬉しそうな零治の様子にニヤニヤしてしまって、顔を見られなくてよかったです。

ラストの、正座での「謝罪会見」のシーンよかったですね~。「一緒にダンスがしたかった」零治がかわいくて、この恋が幸せに続くといいなあと思いました。

7話も本当に楽しみです!



2016年05月23日 22:39
はるさん、こんばんは。
社長の方が随分年上だけど、美咲さんも社長のこと微笑ましく見てたりするんじゃないかな~と。逆さ言葉は落語ではお馴染みだそうですが、笑点コラボがうまいことドラマに取り込まれてましたね。正座して話してるれいさん、真剣さが伝わります。ほんと、幸せな気持ちで終われてよかったです。
2016年05月23日 22:42
あおぞらさん、こんばんは。
4話がとっても良かったから5話はどうかな?と思ったらさらに良くて、6話もさらに良くて、すごいドラマですよね。最初はう~んってなってた人も、いつの間にか社長を応援してるし。守りたくなる、応援したくなる、っていうのは大野さんならではの部分も大きいんじゃないかなぁ。
2016年05月23日 22:47
ようこさん、こんばんは。
顔が勝手にニヤついてしまいますよね。気が付いたら顔が笑ってて、自分でも可笑しくなるときがあります。これだけでも幸せなドラマだなぁと思います。
最終回も幸せな気持ちで終れるといいなぁと思います。
Peach
2016年05月23日 23:02
6話、良かったですねぇ(笑)
最後の方の2人の会話。
零治さん、誰も見てないのにきっちり正座して、一生懸命言葉をつないでいって・・・
美咲さんも架空の夫婦のストーリーを何の躊躇も迷いもなく繋げて・・・。
2人共メルヘンの世界にどっぷり浸かりながら互いの思いを乗せて・・・。
胸がキュンキュン、番組中盤は重いまま終わるのかと思ったら、終わってみればニマニマ、ニヤニヤが止まらないHAPPYは気分で。
いい脚本ですね。後半戦期待してま~す。
2016年05月24日 00:47
Peachさん、こんばんは。
脚本の方、「最後の約束」と「はじめの一歩」ぐらいしか知らないので、あんまり期待してなかったのですが、セカムズはいいですね~。何か品があるし。あと4回しかないなんて、信じられませんが、どう展開してどう終わるのか、楽しみにしてます。10回短いわ~。
あめちゃん
2016年05月25日 00:28
ふぁるさん こんばんは。
声の裏返ったトゥーマンス!、にやけた顔のおはようには声を出して笑ってしまいました。
定食屋でのやり取りではらはらどきどき。いさなみ夫妻のお話にほっこりしていたら(イラストもかわいい)和田社長ひどいーっと指さして叫んでしまいました。でも仲直りが持ち越しにならなくて良かったです。
気づかなかったんですが途中で手を使わずに首を振って前髪を払うシーンあったんですね。あの仕草なんか好きなんですよ。前髪が長め、かつ動いたりして顔にかかってこないとみられません。VSとかで見たかなー。
7話は以前から話題のシーンがあるんですよね。予告ではごろごろ転がってましたが。2人が楽しそうな分、村沖さんの方が心配です。やはり10話で終わりということでタイトルを考えると割と順調すぎてかえって怖いような気がします。

関ジャム、ドラマで見ている山崎さんが出てたので見てみたんですが興味深いお話盛りだくさんで面白かったです。舞台とドラマの声のボリュームの差は小瀧君も同じ事を言ってましたね。ダブルキャストやトリプルキャストの話(大野君も昔やりました)、身体や喉のコンディションを整える努力、舞台の構造とかは初めて聞く話でした。
大野君も長い間、舞台をやってませんが、またぜひやってほしいです。生で見るのは無理だろうから映像に残してほしいです。ほんとに戻れるものならプレゾンとかウエストサイドとかバクマツバンプーとか見たいですもん。
また、長くなってしまいました。ごめんなさい。
2016年05月25日 01:32
あめちゃんさん、こんばんは。
私も前髪払うのお気に入り♪ 手で払うのも素敵なんだけど、首振って払ってるのも素敵♪

7話は、あのコンサートのMCで話が出てから、どんなベッドシーンなのか楽しみにしてましたが、やっとオンエアですね。8話でまた波乱があるようですし、どういう最終回に向かってるのか!? 

関ジャムは、コンサートで井上さんが何度か告知していたので、これは見なきゃなと。山崎さんは2回ほど舞台で拝見したことがありますが、実は名前と顔が一致してなくて、番組で把握しました。劇団四季も、ダブルやトリプルキャストになってて、その日のコンディションのいい役者を使うと聞いたこともありますし、シビアな世界ですよね。大野さんがまた舞台をやることがあったら嬉しいですね。チケットが怖いけど、もう長い事やってないので、今の大野さんの舞台を見てみたいです。過去の舞台もせめてプーシリーズは全て映像化してくれるといいのにな。