日経エンタテインメント! 2015年6月号

オリスタと一緒に日経エンタテインメント!も届きました。

★日経エンタテインメント!
◎タレントパワーランキング2015(p10)
株式会社アーキテクトが認知度(顔と名前を知っている)と関心度(見たい・聴きたい・知りたい)を調査して出しているタレントパワーランキング、調査は年3回行われていますが、日経エンタテインメント!では、年1回これを発表しており、今回は2015年2月度の調査が基になっています。

【タレントパワーランキング2015 総合TOP100】(p10)
嵐は3年ぶりに1位。この6年間、常に2位以内をキープしています。嵐メンバー個人では、大野さんが8位、櫻井さんが9位、二宮さんが13位、相葉さんが19位、松本さんが24位となっていました。
この調査は露出度合がかなり影響する印象があるので、大野さんが8位と上位だったのはちょっと不思議。解説には、 「14年4月期『死神くん』でのミステリアスな役が高評価。ローソンや森永、久光製薬などCMの好感度も高い。」とありました。 サトシーラさんが印象的だったのかな? 森永も素敵だしね~。

【タレントパワーランキング2015 男優編TOP30】(p20)
2位大野さん、3位櫻井さん、4位二宮さん、6位相葉さん、8位松本さんと昨年に引き続き全員TOP10入りしてます。大野さんについては、 「14年4月期に『死神くん』で2年ぶりに連ドラ主演。秋以降は嵐結成15周年の特番で見せた涙で好感度を上げ、5位から2位に浮上した。」と。男優に涙は関係なかろうと思うけど、大野さん自体の好感度が上がったからってことかな。確かに、行きつけの美容院の美容師さんが、特番見て大野さんが好きになったって言ってたもんなぁ。「死神くん」が評価されたのは嬉しいです。
ジャニーズ俳優に限っての急上昇TOP15でも、大野さんが7位、二宮さんが11位にランクインしています。

【タレントパワーランキング2015 性別・世代別】(p28)
女性全世代:嵐(1位)、櫻井さん(5位)、大野さん(6位)、二宮さん(7位)、松本さん(8位)
10代女性:二宮さん(1位)、嵐(2位)、大野さん(3位)、相葉さん(5位)、櫻井さん(7位)
20代女性:嵐(2位)、大野さん(5位)、二宮さん(7位)、松本さん(9位)
30代女性:嵐(2位)、櫻井さん(5位)、相葉さん(7位)、二宮さん(10位)
40代女性:嵐(2位)、櫻井さん(4位)、松本さん(5位)
50代女性:嵐(1位)、松本さん(7位)、櫻井さん(8位)
60代女性:大野さん(6位)、嵐(7位)

「若年層で人気が高いのが二宮和也と大野智」とありましたが、60代では、大野さんが嵐の上に来てるという・・・。全体的に、昨年と比べると個人でのランクインが増えてるし、平均するとランクアップしてる感じ。昨年は40代以上は個人でのランクインがなかったからね。全世代では今回全員TOP10に入ってるし、やっぱり15周年が関係してるのかな。

10代男性:嵐(2位)、大野さん(5位)
20代以降はランクイン無し。全世代TOP20でもランク外でした。 昨年と同様ですね。

【タレントパワーランキング2015 音楽編】(p32)
「ミュージシャンTOP30」で、嵐は昨年に引き続き1位でした。

◎今年一番みたい映画人気ランキング(p38)
「女性が一番今年見たい映画ランキング」の13位に二宮さん出演の「母と暮せば」が入ってました。

◎テレビ証券(p48)
この春の月9「ようこそ、わが家へ」は、現時点(4/14)では、 「まずまずの評判」で、 「当初不安視された相葉クンが意外と好演してる。」と評価されていました。良かったね♪

◎タレントパワーランキング2015 全タレント得点分布図(男性編)(p68)
2ページ大で、女性編と男性編が裏表になってます。認知度が横軸、関心度が縦軸で、各タレントが位置付けられていますが、嵐は両方とも高くて、「今旬ゾーン」の右上、認知度92%×関心度80%あたりの位置にいます。メンバーはだいたい認知度87%~91%、関心度74%~77%あたりにいて、「今旬ゾーン」に全員入ってます。

◎次号予告(p77)
2015年上半期ヒットランキング

◎注目バラエティ「嵐にしやがれ」(p86)
「嵐にしやがれ」について1ページ弱で紹介されています。リニューアル内容について、総合演出の古立善之氏のコメントもありました。 「彼らは一等星が5個並んでいるようなものなので、1人を掘り下げるだけでもたいへん。個人でロケなどに出てもらうことで、意外な表情だったり趣味や嗜好がでてきたらいいなと」と。グループの魅力はスタジオで伝えられるからということだそうです。 特に狙いたい層は10代で、学校などで話題になるような番組作りを目指していくそうだけど・・・まず見てもらうところが難しそう。うちの娘でもわざわざ見るってことはないもんなぁ。でも視聴率的にはもっと上を狙っていく必要があるよね。続けているうちに2桁で安定するといいなと思うけど・・・。10代にウケるかどうかは知らないけど、歌&ダンスコーナー作ってもらいたいなぁ。いろんなことやるのはいいけど、1つ核があるといいのではないかな~と個人的には思います。



Amazonアソシエイト by 日経エンタテインメント!2015年6月号[雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル