2014FNS歌謡祭

今年のFNSはプロデューサーが変わったということで、だいぶ変わるのかなと思ったけど、大して変わらなかった印象。飛天の間も健在でしたし。嵐が収録じゃなくて生だったのは、「おぉ、生なんだ?」と思いましたけど。 全体的に盛り上がりに欠けてた感じでした。リアルタイムで最初から一応ず~っと見てましたけど、途中あまり魅かれるものが無くて。ジャニーズメドレーまでにテンションあがったのは、メッツコーラと一番搾りのCMという・・・。音楽番組としては何だか寂しい感じ。単に今の歌謡界に自分が好む音楽があまり無いってことだろうけど。視聴率は15.4%だったそうで、過去最低とか? 嵐のためにがんばって見たけど、結構4時間超見続けるの、大変だったもんなぁ。ほんと、疲れました。 
前のきくちP時代は何か嵐的に良くないことが多かったし、今回は彼がいなくなって、生歌が減ったという話もあるし、どっちが良かったんだかねぇ?
上手い人の聴きごたえあるコラボとかが多いと良いんだけど、安易に48シリーズくっつけてるのも多かったしね。宝塚はカッコ良かったけど、和田アキ子とのコラボは・・・和田さん、だいぶ衰えてる気がしました。

【近藤真彦 35周年スペシャルメドレー!】
19時から番組が始まって、ここにたどり着いたのが20時45分前後。歌の前に、ちょこっと出番前の様子が映った時の大野さんが可愛かったですね~。長瀬さんの後ろからひょこっと顔出してて。

で、まずは、各グループが順番に自分達の歌を披露。デビューの新しい順だったのかな? だんだん遡って行ってましたよね。こう見ると、嵐ってだいぶ上の方になるんですね。このメドレーで嵐が披露したのは「A・RA・SHI」でしたが、最後のソロ来るか~と思ったら次の曲に行っちゃって、ガクリでした。衣装はハワイの赤の衣装で、これは私好きだから嬉しかったです。あとまぁ、楽しそうにやってましたね。何だこの編集・・・とは思ったけど、大野さんのOh Yeah~も聴けたし、主役はマッチさんなわけだから、まぁ仕方ないかな。次のV6さんともじゃれてて微笑ましかったです。
で、マッチさんと嵐、KAT-TUNのコラボは「ギンギラギンにさりげなく」。結構踊ってたので、全体をもっと映してもらいたかったです。マッチの過去映像とか「要らんしー!」とTVのこっちで言ってました。(そもそも、ジャニーズ嫌いはこの人のせいなんだから・・・) 正直、ライブの映像も、マッチよりKAT-TUNや嵐のダンスが見たかったです。マッチが主役だから仕方ないけどさ~。いいとこで、マッチのアップになったり、過去映像が全面で出てきたり、もう~!って感じでした。 

SMAPの草なぎさんは司会ということで1人特設ステージにいなかったわけだけど、場所的にはだいぶ離れてたのかな? 司会はしばらく女子アナに任せて、ステージに来れば良かったのにと思いました。最後の勢揃いしたところ、大野さんはマッチさんの後ろにいたので、映って良かったです。

【Bittersweet】
事前に発表されてた嵐の披露曲は、「A・RA・SHI」と「ギンギラギン~」だったので、もう1曲あるのかな~、どうかな~と思いつつ見てました。 「Bittersweet」もやってくれて良かったです。衣装はちょっと・・・娘曰く「漫才みたい」ということで、まぁまぁでしたが。(襟の色がああなってるのが漫才感出ちゃうのかな・・・) 櫻井さんが途中固まってたのは、振り飛んじゃったのかしら・・・? 松本さんのソロ終わり、「マツジュン、可愛いやん」で娘と意見が一致。何か、末っ子感出てて可愛かったです。髪型のせいもあるかも。 歌部分が終わって大野さんがセンターに出て来る時、何か笑ってましたね~。 
さすがに、ここで「truth」とか「誰も知らない」は期待してないし、フジだから「Bittersweet」かなってぐらいなので、気楽に楽しめました。大野さんの振り付け見られるの嬉しいし、楽しそうだしね~。


今回、ジャニーズのグループが一同に会するということで、派閥に関係なくかなって思ったら、結局コラボは思いっきり派閥ごとになってて、な~んだって感じではありました。でも、メドレー終わってステージ上に勢揃いの図は豪華ですごいなぁって思いました。 リハとかすごく緊張したそうだけど、そういう話を聞くのもまた面白いです。メイキング見てみたいな~。(DVDにしたら、それぞれのファンが買うから売れそうだけど?)