ねーやんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚歌劇雪組「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」

<<   作成日時 : 2013/05/03 17:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 6

宝塚大劇場の雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」を観に行ってきました。
妹と行く予定だったのだけど、体調がいまいちということで、急遽娘と行くことになりました。娘は小学校低学年の頃に一度梅田芸術劇場での「ベルばら」に連れて行ったことがあるんですけど、それ以降はたまに誘っても特に興味を示さずだったので、久しぶりの観劇でした。「これからベルばら行く時は誘ってね♪」と気に入ったようで、良かったです。帰りの電車でひとしきりベルばらのストーリーを説明させられました。ロザリーが何故オスカルと知り合いなのかとか、ジャルジェ家に来た経緯とか、アンドレの目が見えなくなった理由とか、フェルゼンはいつオスカルが女性だと気づいたのかとか、いろいろ劇になってないとこを解説する羽目に・・・。コミックスを読む気満々になってました。

今回の雪組公演は、新トップスター壮一帆さんのお披露目公演。あと4月公演ということで、第99期の初舞台生の口上とラインダンスもありました。壮さんは、2、3番手ぐらいの時にも何度か観てて、「見栄えしてカッコイイ人だな」と思ってました。今回はフェルゼン編ということで、壮さんはフェルゼン役ですが、こういう貴公子の役は見た目が合ってるなぁと思いました。

日程によっては、アンドレ役に星組トップの柚希礼音さん、月組トップの龍真咲さん、オスカル役に宙組トップの凰稀かなめさんが特別出演されるのですが、今日は通常通りの配役です。最初、その日程でチケット取ろうとして取れなくて、一般発売で今日のチケットを取ったので、席はB席。2階の中段の端っこでしたけど、舞台自体はよく見えました。ただ、大階段の上の方は見えなかったです。

今回のメインテーマの曲は「愛の面影」という曲。これはたぶん、70年代の「ベルばら」には無かった曲じゃないかなぁ。私的にあまり染み付いて無い曲なんだよね。あと「アン・ドゥ・トロア」も知らない。。。最近の「ベルばら」も何度か観てるから、曲はたぶん聴いてるのだと思うけど、いまいち残ってなくて。「愛の面影」は何となく聴いたことあるなぁって思ったけど。「愛あればこそ」も劇中ではサビまで行かずに終わっちゃうし、「ばらベルサイユ」無かったし、曲的にはちょっと寂しかったなぁ。

1幕は、オスカルが近衛隊からフランス衛兵隊に転属して、フェルゼンがスウェーデンへ帰るというところまで。2幕始まったら、いきなりフランス革命の1ヵ月後で、スウェーデンのフェルゼンのところをジェローデルが訪ねてくるといく場面だったので、オスカルは1幕で終わりかと思ってたら、ジェローデルがフェルゼンに説明するという設定で、フランス革命の場面がありました。そこではちゃんと、オスカルとアンドレが結ばれて、パリでは平民側について戦い、アンドレが戦死して、オスカルも戦死するというあたりが描かれていました。前に、セリフだけでこのあたりを飛ばされたこともあったので、今回もてっきりそんな感じかと思ったら、結構しっかりあって良かったです。
ジェローデルが国王夫妻を救うべく、スウェーデンを訪ねるなんていうくだりは原作には無いですけどね。で、原作で最初にフェルゼンが国王一家を脱出させようとした「ヴァレンヌ逃亡事件」は今回カットで、ジェローデルとフェルゼンがフランスに戻って来たときにはもう国王は処刑された後でした。原作的に2回目の脱出計画にあたるのかな。

フェルゼン編だからフェルゼンが主役なんだけど、どうもやっぱり地味な役柄で・・・。いつの間にかオスカルが主役みたいな目線で観ちゃってるんですよねぇ。自分がオスカルのファンだから余計そうなんだろうけど。「ベルばら」はその時によって演出や脚本もちょっとずつ違うから、話はよく知ってても、原作のどの部分が入ってて、どの部分が入ってなくて、オリジナルがどんなのがあってとか、その時々で楽しんでます。事前情報入れずに行くことが多いから、「へぇ〜、ほぉ〜」と思いつつ観てます。

初演から40年近く経つわけだけど、すごいコンテンツですよね。いつもはあまりショップは寄らないんだけど、今日はたまたま寄って見たら、ベルばらのグッズが売ってたので、ついクリアファイルとかメモ用紙とか買ってしまいました。原作の絵柄なので、オスカル様についテンションが上がってしまいました

主なキャストは以下の通り
フェルゼン: 壮一帆
アントワネット: 愛加あゆ
オスカル: 早霧せいな
アンドレ: 未涼亜希

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
懐かしいです。
私はベルばら初演をNHKの中継録画で見て感動し、89年(?)頃のオスカルとアンドレ編もNHKで見て雪組ファンになり、90年前後は雪組の地方公演や月組のオスカル編で本格的に宝塚観劇を始めた気がします。雪組にいた高嶺ふぶきさん、ご存知でしょうか?今も専科で活躍する大物後輩Tさんの影となってしまい1年だけ雪組トップにしてもらえた人でしたが、私は昔から他のメンバーよりも日が当たらない人を応援するくせがあり高嶺さんびいきで、雪組地方公演で高嶺さんがフェルゼンを演じてたことを懐かしく思い出しました。
お嬢さんに帰りの電車内でベルばらについて説明されたと‥とても微笑ましかったです。元オスカルファンとしましては、年月がたっても何かのきっかけでベルばらにはまるかもしれない女の子の様子を聞くのはなんだか嬉しいです。70年代のコミックが未だに読みつがれるのはやはり宝塚のおかげでしょうね!
のんなつ
2013/05/03 20:21
のんなつさん、こんばんは。
私は友達にコミックスを勧められて読んでから、ベルばらファンになったのですが、その時にはもう初演からの一連の上演は終わってて。。。その後好きなスターさんが退団されたりして、しばらく宝塚を観てない時期があったので、初めて舞台で観たのは1991年の涼風真世さんがオスカル、天海祐希さんがアンドレの月組公演でした。高嶺ふぶきさんは「この恋は雲の涯まで」や「雪之丞変化」など、トップではない時に観たことがあります。トップをされていた頃は、子供が産まれたりで5年ほど観にいけてなかった時期だったようです。

私がベルばらにハマったのはちょうど娘と同じ中学の時でしたが、今の子にも訴えるものがあるのかな。彼女が普段見ている漫画とはだいぶ雰囲気が違うので、新鮮かも。この間発売されたマーガレットには、ベルばらの描き下ろしがついてたし、ずっと読まれているのは、確かに宝塚のおかげかもしれないですね。
ふぁる@ねーやん
2013/05/03 21:20
ふぁるさん、こんばんは!

わぁ〜、最近、宝塚から遠ざかっていたので、現トップの方々、知りませんでした!

皆さん、凛としたきれいな方ばかりですね!
華やかになりましたね!

偶然にも、今しがた、かなめさん率いる宙組出演のしやがれを編集してました。

私も、レギュラー番組はCMカットするだけでしたが、大野さんの見どころだけにして、見やすくしたくて、編集し直してます。

すごく時間かかるし、疲れますが。

柚希さんのアンドレ、すごく素敵だろうなぁ〜!
通常配役でないから、DVD化しないだろうから、星組でベルばらして欲しいな〜、とずっと思っています。

大野さんを知る前は、柚希さんの大ファンで、今も歌とダンスと演技力は大野さんと同じ位すごいと思っているので、いつ退団してしまうかと、ビクビクしています。

ジャニーズと違って、退団という制度があるのがつらいです。

大野さんにはなくて、ほんとに良かったです〜。
ゆっこ
2013/05/03 22:11
ゆっこさん、こんばんは。
そうそう、最近のトップさんはきれいな感じの人が多いなって思いました。柚希さんは、ネットでも歌やダンスが絶賛されてたのを見かけたことがあります。退団は怖いですよね。昔、好きだったトップさんが退団されたときは、本当にショックで。今は、あまり人に関係なく観てますけど、中学生の頃は「この人が好き!」っていうので観てたから。実際退団されてから、宝塚への足も遠ざかってました。

大野さんには退団はないから、嵐であってもなくても、芸能界にいてもらえたらいいなと思います。
私もレギュラー番組からツボなとこだけ集めたいと思ってるんだけどね。リピりたいとこってそこだもんね。24時間テレビもダーツの旅だけ集めようとか思ってたのに、結局嵐のとこを抜いてきただけで終わってます。ダンスコラボとメドレーだけは切り出してあるんですが・・・。
ふぁる@ねーやん
2013/05/03 23:27
ふぁるさん、こんばんは〜
「ベルばら」観劇されたんですね〜 私は宝塚歌劇は3年くらいご無沙汰してますが、以前は雪組をメインに観劇していたのでキャストを見て懐かしくなりました。記憶をたどると・・・雪組で上演された「ベルばら」で私が最後に観劇した作品は「ジェローデル編」でした。最近の「ベルばら」は、原作には無い場面が増えたり今回は「フェルゼン編」なのにアントワネットとのボートの場面が無かったり・・・と、ちょっと残念で物足りない感じです。

キャストの中では個人的にアントワネット役の愛加あゆさんがお気に入りです。下級生のころから華があったので娘役トップになるって思ってたんですが、先に舞羽美海さんがトップになって諦めていたんです。なので今回トップ就任が決まった時はすごく嬉しかったです。星組の夢咲ねねさんと姉妹で現役娘役トップを務めてる割にはあまり話題になってないような気がしますが・・・。

それからオスカル役の早霧せいなさんもこれからが楽しみな男役さんなので注目しています。役替わりによってフィナーレの内容も違っているらしいのでチケットも取りにくいみたいですが、久しぶりに観たくなってきました・・・。
ももいちご
2013/05/04 01:24
ももいちごさん、おはようございます。
私は前回雪組を観たのはいつかな?って思ったら、2月の「ブラックジャック」が雪組でした。ドラマシティだけど。その前が2008年の「ベルばら-ジェローデル編」で梅田芸術劇場、大劇場となると2007年の「エリザベート」が最後でした。今回の「ベルばら」、そういえばボートの場面は無かったな。「フェルゼン編」の割に、オスカルの場面が結構多かった気がしました。役替わりでフィナーレの内容違うんですね。

現役娘役トップが姉妹ってすごいですね。ニュースになってたのかどうかわからないけど、私は今知りました〜。今はかなりライトな感じで観劇に行くので、情報には疎くなってます。でも宝塚に入るのも大変だし、ましてトップになるなんてなかなか無いことだし、それが同時期に姉妹でトップなんて本当にすごいですよね。
ふぁる@ねーやん
2013/05/04 10:37

コメントする help

ニックネーム
本 文












宝塚歌劇雪組「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」  ねーやんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる