週刊TVガイド、WEEKLYザテレビジョン 2012年6月15日号

今日はTV誌4冊に、$誌3冊、an・anにAneCanと大量でした~。an・anは予告のおかげで買う人が多いみたいだったので、念のため会社に行く途中でTV LIFEと共に購入。会社の売店でTV誌3冊買って、帰りに$誌とAneCanを買いました。今日は残業で疲れちゃったので、まぁ、$誌は鍵部屋もあるらしいし、立ち読みせずに買ってきちゃいました。TV誌も、もう径くんともお別れだと思うと・・・ついね。

★週刊TVガイド
◎表紙
カジュアルな感じの松本さん。

◎「君の瞳が語ること」松本潤(p8)
新曲とカップリングについて松本さんが語っています。グラビア込みで4ページ。あんまり曲については語っていなかったけど、ジャケット写真を久しぶりに外で撮影したんだとか。「Lotus」以来だけど、その時は夜だったので、明るいのだと「Everything」以来かもだそうです。3年ぶりぐらい?

◎猫の手お借りしま~す(p20)
相葉さんの連載が2ページ。大倉くんとのクロストークもありました。スタッフさんから意外なところが似てるって言われるとか。出番待つポーズが同じだったりするそうです。

◎「僕ノ瞳ニ映ルモノ」松本潤(p53)
松本さんのインタビューがグラビア込み7ページ。「Your Eyes」にちなんで、「目」の話をしています。視力は右0.2、左0.3だそうです。悪いけど、悪い人の中ではいい方? ちなみに私は1.2~1.5あたりをウロウロだけど、老眼入って来たから見えにくいです。観察眼の話で、メンバーについて「それぞれにみんな長けてるのかなぁと思いますよ。よく見てる人たちだからね、うちのグループの人たちって。それを口にする人としない人がいるけど。俺とか翔くんは比較的口にするよね。ニノはニノでまた違う目線で見てて話すし。実はリーダーとかも、すごく見てるからね。あの人、何も言わないし、何をどう思ってるとか、あんまり主張がないけど、すごい見てる。だから何かやろうって時に、何も言ってないのにできたりするんだと思うんだ。相葉くんは、そういう意味では見えなくなる瞬間もすごいあるけど(笑)、でも細かいこととかもよく見てますね」と言ってました。松本さんもよく見てますね。大野さんについての話は、以前「ザ少年倶楽部プレミアム」でも、同じようなことを言ってた記憶があります。

◎CM会見レポ TV GUIDE EYE'S(p60)
松本さんと櫻井さんが出席した、KIRIN淡麗グリーンラベルの新CMの会見のレポが1ページ。写真が半ページほど占めてます。

◎ジャンル別解説&インデックス(ドラマ)(p87)
「三毛猫ホームズの推理」第9回と「鍵のかかった部屋」第9回のあらすじと写真が載ってます。「鍵~」の9話の原作は「ゆるやかな自殺」だと思うけど、かなり設定とか変わってるみたい。

◎Zoom up NEWS(p104)
6/9放送の「嵐にしやがれ」と6/14放送の「VS嵐」の紹介が1/4ページずつ。「しやがれ」の少年隊再現が楽しみ~♪

◎次号予告(p107)
表紙は大野さん♪「鍵の~」エンディング大予想もあります。

◎嵐便(p110)
松本さんの前編。今週のガイドはもう松本SPですね~。シェアハウス、上戸さんの時は知ってる間柄だから話しやすかったけど、ローラはちょっと難しかったそうです。6/14の嵐ちゃんは、スザンヌさん、ギャル曽根さん、安めぐみさんを、相葉さん&二宮さんがおもてなしだそうです。


★WEEKLYザテレビジョン
◎表紙
こちらも松本さんが表紙。何か、グラビアの感じが昭和のスターみたい・・・? p11に撮影裏話も載ってます。

◎Pure Eyes(p3)
松本さんのグラビア5ページとインタビュー1ページ。涙を流してるグラビアも。インタビューは新曲について。PV撮影は1番に入ったのに、順番が最後になっちゃったとかで、ちょっとご不満だったみたい? 事前に誰から撮影するかわかってるといいのにね。カップリングは3曲とも、メンバーでコーラスしてたり、歌うパートがバラバラだったりで、楽しめるそうです。目力は自分では意識してないみたいだけど、 「生田斗真だったら計算してるかも」っていきなり斗真くんが出てきて「?」でした。仲良しみたいだから、そういう話でも出たことあるのかしら? 涙について、 「ライブとかで相葉くんやリーダーは感極まって泣くけれど、僕はライブをまっとうしなくちゃ、っていう方がどちらかというと強くて。もちろん、来ていただいた方々を目の前に、感極まることもありますけど、進行的な部分で冷静でないとできないこともあるので。まぁ、相葉くんとかリーダーは自由なんですよ(笑)」と。自分がライブを仕切ってるっていう意識が強いんだろうね。実際そうだろうし。パフォーマーでもあり、演出家でもあるから、ライブ中でもいろいろ考えてるんだろうなぁ。でも、もうちょっとみんなで分散してみてもいいかも。

◎今週の必見11本(p9)
6/9放送の「嵐にしやがれ」、6/11放送の「鍵のかかった部屋」が紹介されていました。

◎ROOM3104(p20)
大野さんの連載が2ぺージ。青いセーターに黒いパンツの径くんで、表情もシックな感じ。今回のテーマはダンスルーム。憧れの先輩は堂本剛さんで、 「剛くんみたいに踊れるようになったかなと自信が付いたのは、京都でやっていた舞台が終わるころ。」だそうです。まだまだ若いのにねぇ。「Hung up on」はフリースタイルで、 「ちゃんとした形にハマることはなくて、意外とムチャクチャに付けてく感じなんだよね(笑)」と。「Face Down」は覚えやすくて3時間ぐらいで覚えたとか。 「踊りが難しいというより、5人でそろう時間がなかなかない中でやる方が大変。」だそうです。フォーメーションとかもあるから、やっぱり5人揃ってやらないとっていう部分もあるもんねぇ。家でやってるトレーニングについては、 「腹筋とか、エクササイズ的なことは今は全くやってないの。でもね、榎本役は大きな動きがほとんどないから、最近あんまり汗をかいてないな~って思って、家で音楽を聴きながら踊ってます(笑)。」と。どの程度の踊りなのかな~?ひたすら汗を出すっていうぐらいだから、結構ハードに踊ってるのかしら。覗き見してみたい・・・。「コレであなたも智マニアに!」コーナーは、「父の日」について。子供の頃、お父さんとカブトムシを捕りに行った話をしていました。収録のウラ側ということで、カーギーとの2ショットも載ってました。カーギー水槽の中だけど。 連載の次のページに角川文庫の広告が1ページあって、「三毛猫~」と「鍵~」が載ってました。

◎The Shot Clips(p30)
6/9放送の「嵐にしやがれ」の紹介が1/4ページほど。少年隊の大野さんがイケメてる~♪

◎ARASHI PERFECT DATA BOOK(p47)
全10ページ。Book in Bookという感じで、表紙が松本さん(ジョンの表紙仕様)で裏表紙が大野さん(径くんの格好でピース)になってます。中は、データブックということで、表紙のポーズの分析とか、「VS嵐」でのMDA獲得ランキング、大敗ワースト3、大勝ベスト3とか、「嵐ちゃん」のリムジンのペアランキングとか、「しやがれ」の未知平均点ランキングとか・・・。座談会をデータ化したものでは、発言数とか、「爆笑」獲得回数(大野さん1位)とか、オチのパターンでは大野さんが締めるのが多いとか・・・。大野さんの発言数は櫻井さんの半分ほどだけど、 「最小の発言で最大の効果を発揮する」とかかれてありました。あとは、メンバー毎に1ページずつ、いろんなデータが載ってました。大野さんが「VS嵐」でオープニングから一言も話さなかった最長分数は21分だそうです。それもコーナーのタイトルコールだとか。

最後に次号のROOM3104の予告が1ページ載っていて、総集編だそうです。で、次号も「W表紙センターSPふろく」で相葉さん&大野さんだそうです。

◎番組表
p76に「三毛猫~」の第9回のあらすじ紹介、p81に「鍵の~」の第9回のあらすじ紹介が載っています。ついでに・・・p77に「嵐にしやがれ」、p86に「VS嵐」、p87に「ひみつの嵐ちゃん!」も載ってます。

◎エンタメランキング(p96)
5/21の「鍵のかかった部屋」(15.4%)がテレビ視聴率で13位ということで、写真入りで載ってました。

◎次号予告(p100)
表紙は相葉さん。相葉さんの「三毛猫~」グラビアSPと、大野さんの連載”未公開”総集編もあります。


他の雑誌は別記事にします~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント