ねーやんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS with 2017年8月号

<<   作成日時 : 2017/07/10 00:48   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

女性誌2冊目はwith。

★with
◎大野智 Feel it(p110)
大野さんのグラビア&インタビューが4ページ。ちょっとゆるい感じの白の上下にサンダルで、最後のページの写真見たら、武道着風でもあるな〜と。
ヘッドフォンしてる写真とか、白いブロックに腰かけてたり、壁に手をついてるバージョンがいくつかあったり、表情もいろいろあったり、またそれが素敵で〜。白にちょっと日焼けした感じの肌で、男っぽさを感じます。

大野さんの喜怒哀楽や、心が動いた瞬間について、9つの質問に答えてます。
少年隊を鼻歌で歌ったりしてるそうだけど、「10代の頃に覚えた曲って、歌詞までしっかり覚えているものだよね。反対に、最近の曲は全く覚えられないの(笑)」と言っていて、そうそうそう!って思いました。10代くらいまでに覚えた曲は、今でも歌詞覚えてて歌えるのだけど、例えば嵐の曲でも、「はい、歌詞は?」って言われると、すごい聴きまくってる曲でも、「???」になっちゃって出て来ないのよね。
腹が立った話では、スーパーで買い物してタクシー待ってたら、カップルが自分の前に立って手をあげるものだから、ちょっと腹が立って、 その前に立ってやろうかと思ったとか。でも結局、 「もういいや」ってことで譲って、自分は次に来たタクシーに乗ったとか。「はぁ?」ってことはまぁ・・・あるよね。大野さんでもこういうときは、腹立ったりするのね

大野さんに声を荒げるイメージがないということで、 「それはそもそも腹が立たないから? それとも感情をコントロールしている?」と聞かれて、 「どうだろうねぇ。怒ってもしょうがないっていう感じ。ただ、誰かが怒っているときに、軽く乗っかることはあるよ。怒ってるときは、やっぱり気持ちをわかってほしいわけじゃん。乗っかることで少しでも安らぐんだったら、とか。」と。すぐ切り替えできるのね。で、友達が怒ってたりすると寄り添ってくれると・・・。気持ちわかってもらえたらちょっと落ち着くものね。

コンサートで好きな瞬間を聞かれて、 「5人でこうやって腕を上げる瞬間・・・あのときの、一体感はすごいんじゃないかな。反対に逃げ出したい瞬間は・・・初日じゃない?逃げたいというよりは、ドキドキしている感じかな。」と。 観てる側からすると、あれがくるともう終わりだな〜って思うので、寂しくもあるかな。

◎今月のwith編集部 Feel it(p201)
大野さんも載っていて、にこやかにWピースしてるオフショットと、もう1つはグラビアの別カットが載ってました。スタッフさんたちが「忍びの国」の感想を興奮気味に言ってても、大野さんは、 「ん?ふふふ・・・完成したねぇ」とゆる〜くニコッって感じだったそうです。あ〜、「ふふふ」ってラジオでよく聴いたなぁ。ラジオ・・・せめてあと秋まで続いててもらいたかったなぁ。「忍びの国」のお話いろいろ聞きたかったわ。。。

他の女性誌は別記事で。でも明日以降かな〜。


with 2017年8月号【雑誌】
講談社
2017-06-28

Amazonアソシエイト by with 2017年8月号【雑誌】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


with (ウィズ) 2017年 8月号 / with編集部 【雑誌】
ローチケHMV 1号店
基本情報ジャンル雑誌(情報)フォーマット雑誌出版社講談社発売日2017年06月ISBN0137708



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




















with 2017年8月号 ねーやんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる