ねーやんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS J Movie Magazine vol.22

<<   作成日時 : 2017/04/09 22:31   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、「J Movie Magazine」、「シネマスクエア」、「Cinema★Cinema SP.」が届きました。

★J Movie Magazine
◎MAKING of THE MOVIE 「忍びの国」(p56)
「忍びの国」のメイキング写真と中村義洋監督のインタビューで4ページ。前号とはまた違った写真が載ってました。1ページ目の写真、精悍で好きだな〜。1ページまるまると大きいし。お国の枕元で両手で顔を挟んでるシーンも。術をかけようとしてるところかなぁ? この無門も素敵。 写真にちょこっと説明がついてるのですが、無門とお国の道中のシーンには、 中村監督のコメントが載っていて、 「大野くんとはとくに何も話していないんです。無門の妻・お国役の石原さとみさんが、『本読みのときにすでに無門になっていて驚いた』と言っていたのですが、そこが大野くんのすごいところであると僕はわかっていたし、信じていましたから」と。監督さんの言葉がいかに信頼してるかを物語ってますね。

監督さんのインタビューは既出のところもあり、読んだことないなと思った部分もあり。編集の仕方の加減なのでしょうね。クランクインの頃について話していて、 「彼が主演ドラマを撮り終えたばかりで、疲れている様子でした。僕もドラマの最終回を観たけど、セリフ量がすごかったですよね? あれを観たらもう、無気力になっちゃうのも無理ないだろうなと。実際に当時の大野くんは放心状態でしたが、それが逆に無門には合っていてよかったのかもしれません。」と。監督さん、セカムズ最終回観てたんですね。
最後のシーンは3日かかったそうですが、台本では5行くらいなんだとか。 「役者たちは知らないので詐欺みたいなものですよね(笑)。大野くんと戦うシーンがある鈴木亮平くんは悩んでいましたよ。『おーちゃん、練習に出てこないのに完璧に覚えてる・・・。あれは踊りの振りだと思ってる』と(笑)。長年ダンスを『明日までに覚えて』と訓練されているからなのかな。」 台本で5行くらいのところに3日もかかるって、確かにみんな思ってなかっただろうなぁ。動きを覚えるというのは、やっぱり今まで訓練されたものがあるのかな。大野さんも言ってたけど、間違えるとケガさせちゃうから、鈴木亮平さんも大変だっただろうなぁと思います。

◎JMM SPEIAL EYES(p76)
p78に「忍びの国」特製クリアファイル付き劇場前売券の発売情報が1/6ページぐらいの大きさで載ってます。

◎相葉雅紀 ドラマ「貴族探偵」(p102)
相葉さんのグラビア&インタビューが8ページ。相葉さんも載ってるとは知らなかったわ〜。


シネマスクエアとCinema★Cinema SPは別記事で〜。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


















J Movie Magazine vol.22 ねーやんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる